ホビージャパン

ホビージャパンの記事紹介のレスで、更に「ガトリング砲にマグネーザーを換装したマッドサンダー」「ゴーレムをベースにしたゾイドとは別の世界観の地球の兵器というメカ」が気になると頂きましたので、そちらを紹介します。

マッドサンダーの方は、2002年1月号の作例です。


作者はパペットスパイナーと同じ方です。
角のガトリングはガンプラ、マスターグレードのグフのものになっているようです。
戦車的でカッコいいんですが、私はやっぱりマグネーザーが好きかなー。

でも、ハイパーローリングチャージャーで生み出したエネルギーをガトリングから撃ち出すとかすれば、アイアンコング以下のゾイドを一斉にハチの巣にしたり出来そう。
「デスザウラーが居ない世界」とすれば、このような仕様が誕生してもおかしくはないと思いました。
(デスザウラーが居ない世界で果たしてマッドが開発されるのかという疑問はさて置き…)

ゴーレムの方は、ホビージャパン増刊の「ホビージャパンEX」ですね。
これの1988年春号、1988年冬号、1989年春号に載っています。



地球を舞台にしたオリジナルストーリーで、話自体は1987年夏号~1989年春号に掲載されています。
全8話。
ホビージャパンでは次号からもゾイドオリジナルストーリーを掲載しています。
1990年春号まで、全4話(次号以降も続く予定だったがここで打ち切り)で掲載されています。


率直に言ってゾイド…?という作例が多く、あまり好評ではなかった…。
ゾイドファンを取り込むことはできず、かといって別の層を取り込む事もできていない。
この事情と、90年にゾイドがだんだん下火になってきたことが重なり打ち切られたのだと思います。

ただ


広告が充実していて、ここでしか使われていない広告が多数あります。
あの「デス・バーン」の広告もホビージャパンEXです。

ホビージャパンEXはまんだらけなどに行けばそれなりに見つかります。
レア度は中の上程度かな…?

気になる方は探してみても良いのでは!
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

レア作例の数々

意外と貴重な改造パターンですよね、画像の作例。
そういえば、ゴーレムの改造モデルは横山さん(デスピオンとゴーレムをデザインされた方)の作品なのでしょうか?
マシーネンクリーガー展に行った際、横山さん御本人によるゴーレムの改造モデルも展示されていたのですが、それと似たような感じなんですよねホビージャパンEXの作例は。

No title

作例は横山先生ではないです。
ただし、「横山先生を意識して作ってある」ので、そんな風になっているのだと思います。

貴重ですよね。
この辺もまとめて一冊の本にならないかなあ。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント