初代ゴドス

ゾイドをゲットしました!


ゴドスとガイサック。
共にメカ生体版です。
ゾイグラ版とは違うのだよゾイグラ版とは。

ちょいちょい欠品があるんですが、小型装備程度です。
ご覧のようにほとんどのパーツは揃っています。
細かいパーツはゾイグラ版から補填すればよろしいでしょう。


通常コックピットもあるのが嬉しいです。
あと、なぜかロングレンジガンが1個余剰として付いてきました。
WHY?
でも嬉しいです。

ロングレンジガンと言えば、


メカ生体版の特徴として、このようにレーダーと組み合わせが可能です。
ゾイグラ版ではなぜだか穴の直径が変わっていて(小さくなっている)、この合体が出来なくなっています。
とても残念。

ゾイグラ版はけっこう完璧な復刻なので、ここが見分けポイントかもしれませんね。


ガイサック!
メカ生体の重装甲SP級では最も売れたらしい。
その実績があればこそ、新世紀で漫画やアニメで登場する第一号になったのでしょう。


状態はさすがに初期版だけあって金型も良い感じなんですが、黄ばみがかなり激しい。


でも、変色を除けば状態は良い感じ。
各部の動きも良好です。

シールは浮いてきているのではがさなきゃなー…。
愛のある貼り方なのではがすのがちょっと惜しい。


ゴドス!
これが本命でした。
これが欲しかったのです!!

これはメカ生体ゾイドの「初期版」です。


初期版と後期版を並べる。(どちらもゾイグラではなくメカ生体版です)

違いは脚部にあり。





初期版は脚の軸がガリウスと同じ丸円盤なんですが、後期版は円錐型の張り出しになっています。
他にも細かく違うんですが、とりあえずこれが最大の違い。

初期版・後期版の存在って、実は割と最近まで知りませんでした。
ゾイドはまだまだ知らない事があるなー。
知ってからぜひそれは手に入れねば…! と思っていたんですが、これがなかなかプレミアになっており今まで入手できていませんでした。
今回ようやくのゲットです。

・ゼンマイに錆び
・ガイサックほどではないが変色している

という難点があるので、これを何とかしなきゃなー。

とりあえず洗浄から始めます。
小型なのでそう遠くない内に終わるでしょう。

洗い終わったら、より詳しく差を見たり、そこから考えていったりしたいです!
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

初期ゾイド、良いですよね、面白いですよね。

ゴドスと言えば、初期版と後期版で「クランクの違いで脚が入らない」のはBlogの通りなんですが、更に、足首パーツの入れ替えも出来ないというのも有ります。

破損していた初期ゴドスのパーツを後期ゴドスの物と交換しようとしたら接続部の爪の根元にある突起がズレていて交換できませんでした(涙)
ジャンクパーツで入手したので、ひょっとしたら初期の国内製とシンガポール製の違いかもしれませんが。

国内・シンガポールでの違いで言えば、チャンポンすると首のパーツがキレイにハマらなかったり、イグアンは手首が入らなかったりと結構違いが有ります。

初期ゾイドの深掘りは本当に面白いです。
月に1体買えるかどうかレベルで、アホみたいにお金がかかるのが難点ですが(苦笑)

No title

初期ゾイドはいいですよねー。
「え、そんな違いが!?」っていうのがキットにしろ箱にしろカタログにしろ様々あるので永遠に楽しめる感じがします。

ゴドスは細かく変わってるみたいですねー。
ちなみに今回の個体はシンガポールでした。
色々と検証したいです。

仰る通りお金はかかる。
しかも目利きが増えてきているので高騰する一方だ!
でも、積極的に狙いたいですねー。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント