強行偵察

ヒーローゾイドはとてもカッコいいんですが、それと同時に「不器用」なゾイドも特有の魅力があります。
ゾイドマンモスはパワーならアイアンコングにも引けを取らない。
鼻の一撃をブチ当てればレッドホーンやサーベルタイガーに勝つこともできる。
だが動きが鈍いからそれができない……。
いやしかし、そんな不器用さがあるからこそ、練りに練った作戦でどのように戦うかという戦術に繋がります。
マンモスの巨体を隠せる場所はどこだ……。レッドホーンが通りがかった瞬間、どのように飛び出すか。敵が反応する速度はどれ位だ。チャンスは何秒?
と考えると非常に困難なので、それゆえに脳内バトルで勝利を達成できた瞬間すごい感動と思い入れが生まれます。

初期ゾイドはそんな不器用なゾイドが多い。
ゴルドスもその中の一機で、電子戦能力で言えばゲーターを大きく上回り、ディメトロドンが登場するまではゾイド星で圧倒的性能だった。
ただその反面、巨大すぎて自分が見つかりやすい(しかも発見される=倒される程度の戦力しかない)という、偵察機にあるまじき弱点を抱えた仕様でした。
まぁ、前線は小型ゴルゴドス。後方は大型ゴルドスと言う分担ではあったんでしょうが、それにしたって偵察機と言う割にはでかいしノロい。

そんなゴルドスですが、設定を見返していると「ん?」という事に気づきました。



RBOZ-004 ゴルドス <重装甲強行偵察機械獣>

強行偵察を主とするメカで、以前は輸送を主としていたが、地球人の手により改造された。
強行偵察用としての多種のレーダーを装備する。
そのために重装備となり、敵の単なる標的となることもあったが、その能力は大きかった。
又、改造型として強襲揚陸型もある。


ミニカタログでの解説は「強行偵察用に改造された巨大メカ」となっている事が多かった。

読んでいて気付いたでしょう。
とにかく「強行偵察」が強調されたゾイドです。
「ん?」と言うのはこの部分について。

強行偵察。
一口に偵察といってもこれは2種類に分かれて、「隠密偵察」「強行偵察」があります。
(強行偵察は威力偵察と言われる事もある。また威力偵察と強行偵察を分ける場合もあるが、ここでは同じものとして扱う)

単に「偵察」といった場合は隠密偵察を指します。
これはその名の通り隠密を保ちながら偵察すること。
・ステルス機で敵のレーダーを避けながら敵基地を調べる
・潜水艦で改定から敵地に接近、港湾施設を調べる

こんな事。

でも隠密偵察だけでは不十分なこともある。
例えば見た感じかなりの規模の部隊があった。
しかし、これは実際動くのか?
燃料や弾薬がなく動けない”ハリボテ”なのか。それとも万全な稼動状態にあるのか。
戦闘行為をする決断はどこか。領空や領海を審判したら即座に攻撃するのか、警告で済ますのか。

強行偵察を行う意味はここにあります。
強行偵察とは「姿をあえてさらして」「そのうえで偵察を行う」事です。
隠密偵察は見つかったら逃げる。けど、逃げずに偵察を強行するから強行偵察なわけであります。

その意図は何か。
敵は明らかにこちらの秘密を盗もうとしている。
その状況でどういった反応があるかを調べるのが目的です。

もっと言えば軽めの攻撃を行い、それでどの程度の反撃があるかを見る場合さえある。
こうなると一般的なイメージで言う偵察ではないのですが、「敵の内情をより深く探る」という意味では非常に効果的な偵察です。


強行偵察は主に戦車などの高い防御力と優れた速度を持つ戦闘兵器で行うのが普通。
何故なら攻撃される前提だから、ヤワかったりノロマだったら帰還できないから。

こう見るとゴルドスが「強行偵察に使われた」とは一体……と思ってしまう。
こんな、見つかったら即座にやられそうなゾイドを強行偵察に使う共和国軍とは一体……。

まぁ実もふたもない事を言えば「そこまで考えられてない」だとは思います。
強行偵察というのはカッコいい単語なので使いたい、くらいのノリじゃないかな…。

ただ、もしかするとゴルドスは昔においてはめちゃくちゃ強かったのかなぁ……、という可能性を考えました。
ゴルドスで重要なのはアイアンコングとの対戦成績です。
「コング1台VSマンモス6台で互角」
「コング1台VSゴルドス6台で互角」
実にマンモスと同じなんですよね。

マンモスは鼻も牙もあるから「当てれば勝てるチャンスはある」のですが、ゴルドスで同じ成績を出す
過去に何度か書いたことがありますが、たぶんゴルドスは装甲がマンモスよりもかなり強い。
「重装甲強行偵察機械獣」って解説されているし。
要するに攻撃力で決定打はないが、重装甲で粘って戦える。

さてゴルドスが強行偵察を行ったのは、バトスト1巻以前の時代なんじゃないかなぁ。
初期においてはビガザウロが大活躍していた。
言っちゃ悪いけど、あの貧弱なビガザウロが大活躍できるレベルの戦場だった。

とすると、ビガザウロ以上の巨体を持つゴルドスも十分に活躍できたのかも。
小型砲は帝国小型ゾイドを相手にするには十分。
(この時期はマーダやモルガはアーリータイプである)

帝国小型ゾイドの攻撃は強固な装甲で跳ね返す。
こうして初期においては悠々と敵領土に侵入し強行偵察をして帰還する……ような強力ゾイドだったのかも。

しかしそれも地球由来の技術が浸透し帝国が強力ゾイドを続々開発するようになると、次第に小型ゾイドにさえ苦戦するようになった……。
(改良された小型ゾイドはおそらく非装甲部をピンポイントで攻撃できる高性能を持っていたと予想する)

ステゴサウルスはアロサウルスと戦い時として大けがを負わせる恐竜。
正直、ステゴゼーゲは戦闘的だけどゴルドスは温厚で大人しいイメージ。
しかし、あえて戦闘で活躍する初期の姿を想像しても面白いかも…と思います。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

マンモスやゴルドスは近代化改装されたら面白かっただろうなぁ、と思います。まあ、ゴルドスは後継機としてゴルヘックスがいますし、ステゴゼーゲを戦闘機械獣風に改造すると次世代ゴルドスっぽくなりそうですが、マンモスは完全に系譜が途切れた(エレファンダーは別物でしょう)のがちょっと寂しいですね。

ゴルドスが強行偵察(威力偵察)に用いられたのは、やはり戦争初期がメインでしょう。この時なら図体がでかいというだけでも耐久性・防御力に優れたはずです。

ただ、「相手を攻撃して反応見る」ということは、ゴルドスの場合は長距離砲撃→敵情観察→後方陣地へデータリンク送信という方法が使えるので、戦争中期以降もそれなりに使えたような気がします。自衛隊でも、オートバイ→偵察警戒車→戦車とTPOに合わせて偵察すると聞いていますし。

余談
ゴルドスはですねぇ、言うほど弱くないと思うのですよ。確かに彼はサポーター役のゾイドですが、長距離ロックが可能な専用武器テュエルブ・ファイブを二丁装備持ちして、ブッシュ内から狙い撃ちすればジェノブレイカーだって追い返せるのですよ。懐かしのZOIDS FORの話ですが…。

No title

ゴルドスの偵察運用としては連射の利く主砲で(これ何気にレッドホーンに大打撃与えられる火力持ってたんですよね)拠点等に砲撃して反撃や敵の迎撃態勢をレーダーで観測するってことでしょうね
逆に進撃するゾイド部隊にはレーダーで察知して豊富な航空機で偵察し、場合によっては誘導の元に砲撃でしょう

これに対する帝国の答えが迎撃速度の速い高速機や防空のマルダーであり・・・
そしてですが個人の予想として、ピガザウロで本体の基礎を築き、マンモスで足回り技術の熟成を行い、ゴルドスで砲撃型の運用を確立してできたのがウルトラザウルスだと思いました
ゴジュラスは強襲のメインとしてMK2など後期型があるのに対し、前3機種は戦争初期のころからウルトラの開発を想定していたために直系の後継機は作らずに技術を活かしたディバイソン(マンモス)、ゴルヘックス(ゴルドス)を新規に設計したのではないかと思います
ピガザウロは案外民間転用として様々な用途に使われたと信じたいです

マンモスにしろゴルドスにしろ当時の共和国の装甲技術が優れていれば違ったことになったかもしれないですね<ゴジュラスは装甲が強いというより超パワーで厚い装甲を維持できると共に、頑丈な本体と回復力で撃破されにくい(これって構造が単純になりやすくて整備もしやすい)機体でしょう

No title

凶行偵察って要はピンポンダッシュですよね。

こいつの場合双眼鏡と石ころ持ってピンポンしてたんじゃないでしょうか?

なんなら囮の舎弟も引き連れて。

No title

>ネームレス Mk-II 量産型さん
マンモスの近代化はぜひ見たいですよねー。
たぶん格闘戦を展開するべく足回りが強化され、装甲も強固になると思います。
エレファンダーに近いものになるんじゃないかなあ。

ゴルドスの活躍シーンは想像したいですよねー。
データリンクは個人的なイメージですがメカ生体の時代はあまり使ってない感じがします。
新世紀の時代だと積極的に使ってそうな感じもしますが。

ゴルドスはゲームだと異様に強いですね。
ファミコンゾイド-中央大陸の戦い-では序盤における戦う胃の主力だったし、PSゾイドでは最強の一角……。
やはり105mm高速キャノン砲が強い!

>デスペラードさん
主砲は確かに有効活用すれば索敵にも使えそうですね。
射程が長いので、最大射程から撃てば鈍足のゴルドスでも安全に離脱できそうだし。

ビガザウロ級は順次アップデートというか洗練されていると思います。
私はビガザウロが基礎。マンモスは馬力強化。ゴジュラスがさらなる馬力強化と頑丈さ・信頼性の向上。ゴルドスは安定感を高めた。
そんなイメージを持っています。
ウルトラザウルスがゴルドスの発展型というのは同じ意見です。

ビガザウロは体液が速かったので民間型も存在したかもしれませんね。
民間としては破格の高性能機だよなぁ。
建設などで大活躍しそうですね。

>No Nameさん
わかりやすいw
たしかにピンポンダッシュですね。
ゴルドスの違った一面が見れそうです。
面白いですね!
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント