28話追加2

28話の感想の続き。今回は真帝国側について。


ランドは若返った勢いからか、オメガレックスを早くも完成体にする。
…包帯姿には誰もツッコまないのかな。明らかにバレてる気がするんですが……というのは野暮なツッコミでしょうか。

一方、


メルビル嬢の扱いが酷い。

アルドリッジはゲスいなー。
調子に乗りすぎ。
次に調子に乗って負けた時は同情せんぞ!

メルビルはもはや真帝国を維持する為だけに存在させられてる感じ。
なんていうか、連中は志は全くないのですね。
メルビルを「真なる皇帝である」と信じて狂気的な行動を起こしたなら、それが間違いだとしても少しは同情や共感ができるんですが……、そんな想いは一切ナッシング。
メルビルを利用してうまみだけ味わう気満々。
奴ら…ゆるさん。

そんなメルビルですが、思う事があったようで完成したオメガレックスへの登場を志願して出撃。
共和国・帝国の連合本部に接近する。


後退しながら撃ちまくる部隊の描写が素敵。

メルビルは……もしやランドに利用されている事を知りつつも同じ道を行く決意をしたのかと思ったんですが、どうやら違うようだ。

圧倒的防御力で敵の砲撃に耐えて接近……するものの、攻撃はしない。
それどころか警告をし、荷電粒子砲を押さえ込む事までする。
どうやら戦闘ではなく対話をしに来ている模様であった。

その真意や如何なるものか。
メルビルは犠牲者を出したくない気持ちと、それでもやっぱり父ランドを裏切れない気持ちが両方あるんだろうなぁ…と思います。
ゆえにオメガレックスに乗りその圧倒的な力を示す事で「犠牲者を出さないで」「真帝国の成立を認めさせる」という事をしようとしたのではないか。
悲壮である。

これはガンダムでいう所の08小隊、アプサラスで出撃したアイナ・サハリンみたいなものかな……。

その想いはどうなるのか。
個人的には報われなさそうな気がして辛いなぁ……。

来週はジェノスピノと格闘戦を展開しそう。
どちらが強いか。
これはパワーではオメガレックスが強いと思いますが、格闘戦に限ればジェノソーザーを持つジェノスピノは攻撃力で勝るかもしれない。
あとライダーがやはりスーパーエースのギレルだし、負ける予感がしない。

ただし強すぎるジェノスピノはオメガレックスの本能に火をつけ暴走させてしまうんじゃないかなぁ……という気がしています。
その結果、必死でオメガレックスをなだめ制御するメルビルの力を超えてしまうんじゃないか……。

なんだか悪い予感がしてきたのう。
と思っているんですが、どうなるでしょう。

ワンチャンスあるとすれば、サリーがメルビルの声に反応していた事でしょうか。

やはり連合部隊は「オメガレックス排除」に動くわけで、メルビル救出がされるとすればそのカギを握るのはサリー、そしてサリーの想いを受けるレオになるのでしょう。
大きな困難が予想されますが、それを超えてハッピーな方向に動いてほしいなあと願うばかりです。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

メルビルは話し合いに来ているというよりはわざと撃破されに来ているようにも見えます。
あるいは、それだけの攻撃をしても無駄だから退いてくれという勝ち方を望んでいる風にも見えます。
ですがそんなことは共和国・帝国の一般兵士には意味が解らないというか「今さら何を言ってるんだ」くらいの気持ちでしょうね。上陸して来て、示威行為をしているのに退けと警告をするなんてと。
08と違うのは、せめてがオメガレックスinメルビルの方で攻守が逆という事ですね。そしてそれが一番大きい。
ディアス中佐はそのおかしさに気付いている素振りがありますが、他の一般兵では止めることで精いっぱいでしょうね。
そこにギレル少佐の乗るジェノスピノが現れて。それでもメルビルは荷電粒子砲を撃たないつもりかな……。
でも、そこまでするといよいよオメガレックスとしても生存本能が追い詰められて、メルビルの意志をはねのけて荷電粒子砲を撃ちそうですね。

オメガレックスですが、個人的には生物という側面を取り除くと「荷電粒子砲を発射するためのプラットフォーム」で、荷電粒子砲を搭載することに大半のリソースを割いているように見えます。
幾つかの武装はありますが、それらはオメガレックスのサイズに比してはそこまで脅威のレベルではない……ように見えます。十分脅威ですが。
なので、格闘を重視した性能のジェノスピノの前では、荷電粒子砲を撃てなければそれ程の脅威足り得ないように見えます。
となると結果は……とは思いますが、どうなりますかね。

No title

シン帝国の面々は、露骨に(本人を前にしても)メルビルを道具扱いしているのが酷いです…。ムスカ並みにタチが悪い。

メルビルの立ち位置がアイナっぽいというのはよくわかりますが、ノリス役もいないければ、(レオにはサリーがいるから)シローになってくれる人もいない。これは救われないぞ…。

オメガレックス迎撃戦は全体を通して、完全に演出が怪獣映画なので心の中で大拍手でした。海から現れるオメガに対して港に勢揃いする防衛部隊…って、ゴジラ(1984)のように全滅かと思ってヒヤヒヤしました。オメガの周辺を飛び回るクワガノスも、怪獣映画で無闇に飛んでるヘリコプターのようでした。

記事でも書かれていましたが、後退しながら砲撃を続けているなど良く考えられて演出されているのは素晴らしい。オメガ復活阻止作戦もそうでしたが、本作は引きの画で砲撃をしている映像が兎に角丁寧に描かれているのが個人的に高評価です。CG技術が向上しているから弾道や閃光がやたら綺麗なのがまたイイです。ただ、スティレイザーなど2ndシーズンのゾイドは比較的好待遇が維持されている一方で、パキケドスの扱いなど前シリーズのゾイドが残念なのが謎ですが…。

今回のラストは、1974年の「ゴジラ対メカゴジラ」の一場面かと思うような終わり方だったのですが、次回の「ジュラシックパークIII」が楽しみです(違うw

No title

空戦ゾイドのエースであるギレルが超大型肉食恐竜のゾイドパイロットに転身するのはトビー・ダンカンのようですね。

ランドはなぜオメガレックスのパイロットの代わりはいくらでもいると言いながらメルビルを搭乗させたんでしょうか?
メルビルが戦死、もしくは捕虜となったら計画は根本から崩壊してしまいますが…。
オメガレックスが敗北することなどありえない、さらに真の皇帝が偽りの帝国を破った方が民衆の支持を得られるという計算でしょうか。

世界中が大変なことになってる中、毎週クオリティの高いアニメを提供してくださる制作サイドにはリスペクトの気持ちしかありません。
できればこのまま予定通りにいってほしい…。
いや、危険を冒すくらいなら当然放送を延期をするべきだとは思うのですが、延期した分を次のクールにはみ出す動きになってる深夜アニメに対して夕方放送のアニメがそういうことができるのか…。
何事もないことを願うばかりです。

No title

>やまさん
撃破されに来た…ようには見えないかな。
オメガレックスの絶対的な防御力を信頼して、あえて砲火に身をさらす。
それにより力を誇示して戦わずして要求を通す事を目的にしていると思いました。後者のほうですね。

心情はよく分かりますが、極めて甘い見通しですね……。
そりゃ、そうなるよなぁ。
荷電粒子砲も向かい合った兵士にとっては「オメガレックスのライダーが自分の意志で撃った」としか思わないだろうし。

オメガレックスは仰る通り荷電粒子砲発射に最適化された設計です。
ですが……、かつてそれと同じ設計だったデスザウラーがメタメタにオールラウンドに強かったので……、オメガレックスもそんな気がして恐怖です。

>ネームレス Mk-II 量産型さん
たしかにムスカ並ですな。
ムスカ並の名言でも残してくれればなー。

メルビルはシローみたいな相手が欲しいですねぇ。
ギレルは・・・・・・・どうかな。

戦いは激化する一方なので、そろそろパキケドス、アンキロックス、グソック、ハンターウルフなんかを出して欲しいですね。
海が頻繁に登場するのでグソックは比較的出しやすいと思うのですが。
(コックピットとワイルドブラストの相性が悪い事はともかく・・・)

>しめじさん
たしかに!
かのトビー・ダンカンと同じ感じですね。
ゾイドでは飛行機乗りが陸上機乗りになるケースは珍しくありませんが、やはりそれは「ゾイドと精神リンクで繋がる」からこそでしょうかね。

ランドの発言はちょっと謎な所が多いですよね。
出撃させる危うさはその通りですね。まさにそれがあってこその真帝国なのに……。
いかにオメガレックスとはいえ危険にさらしすぎ。
大丈夫なんでしょうかね。
まぁ、軍事放棄した時点でもはやまともな考えを求めるのが野暮かもしれませんが・・・。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント