今日は30話!

今日は30話です。
放送される事に感謝。

さて今回は何といってもネオゼネバスシティで起こる決戦!
オメガレックス討伐が成るかどうか。
そしてネオゼネバス帝国の内情が見えてくると嬉しなと思っています。

レオとライジングライガーは今回も救世主たれるのか?

さて前回の話を見直していて…、ふと思った事を下記します。
ディアス中佐の幼馴染であり上官であるところのシェリー・ハント大佐。
この人って割と堅物な所があるのかなーと思っていました。

それはジェノスピノのライダーにディアス中佐を推薦し、自体が急変(真帝国建国宣言)が出た後も「共和国側のライダーにすると決めたではないか!」と頑なに抵抗した所。

しかしグラビティキャノンの一件から少し見方を変えました。
グラビティキャノンはライジングライガーに装備されレオが撃つ。
これを推薦したのはハント大佐とのこと。

ガチガチの軍人で融通の利かない堅物なら、おそらく「ライジングライガーを共和国に貸せ。そしてディアスがそれに乗れ」等と言いそう。
そうじゃなくてライジングライガーを借りつつもレオの搭乗を許すのはけっこう融通が利くんだなぁと思い直しました。

……その先に、レオを再度共和国軍に勧誘するという目算があるのかもしれないけど。

そんなハント大佐もいずれゾイドに乗って欲しいなぁと思っています。
この先はオメガレックスだけでなく新型のキルサイスや象種など強敵が続々登場するだろうし。

さて、そんなわけで30話。
楽しみです。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

ジェノスピノの件はハント大佐が幼なじみであるディアス中佐に栄誉を与えたい気持ちもあったのかな? などとも感じますが、なんだかんだ理屈で話してはいるけれどライジングライガーを駆るレオを監視付きとはいえ好きにさせてくれる辺り、情は深い人なのかなと思いました。
で、共和国で一番苦労する立ち位置で動いてる人なのかなとも感じました。
新章が歩くても誰かがやらなきゃいけないことを率先してやる、みたいな。

No title

ハント大佐はまだ真意が分からないところもありますね。
今後の描写に期待しています。
今のところ、優しく状に深い部分が半分、規則に厳しく融通の利かない所が半分といった感じ。
でも、今度も重要なキャラに成長しそうでとても楽しみです。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント