ゼロファントス

大注目の「古代ゾイド」シリーズの第一弾、ゼロファントスの情報が各地で公開されていますね。
電撃オンライン

新しいカテゴリーのゾイド。そのフラッグシップが重パワーゾイドというのは個人的にはとても嬉しいです。

個人的な印象はかなり不気味だなと。
古代ゾイドは「骨格とアーマーを一体化」しているようですが、骨の持つ不気味さをよく残したデザインだと思います。

コロコロによると今までにないゾイドらしい。


コアを持つ!
・・・いやしかし、アニメだとジェノスピノにコアあったし。
無印ワイルドでもタイトル表示時の絵でワイルドライガーにコアがあるように描かれていたものがあったし、基本的にコアはあると思う。

ということは、パワー値ないし特性が違うという事なのかな・・・?
星を壊すって書かれてるし。


骨格とアーマーが一体化するとのこと。
これによりギミックが複雑化する可能性も書かれている…。
ゼロファントスの脚部で言うとレッドホーンのような関節が動くギミックを期待して良いのかな?

余談ですが、ワイルドのキットを「関節の動きがないからダメ」という声をたまに目にします。
これにつて私は違う意見です。
どちらが優れている・劣っているという話ではなく、トレードオフだと思います。

もしかすると今のキッズにセイバータイガーを見せたら「関節の動きスゲー」なんてならずに、「ワイルドブラストしないの? ツマンネー」となるかもしれない。
・細かな動きを楽しむ関節
・分かりやすい必殺ギミック
これは一概にどちらが優れているとは言えない。
ということでワイルドの「関節がない脚部」についても大きな不満はありません。

ただまぁ、それはそれとして「関節も動けば更に最強なのに」という思いがあるのも確かでした。
そんなわけで、もしもゼロファントス以降で分かりやすい必殺ギミック「ワイルドブラスト」と共に、関節の動きも「同時に」達成しようとしているなら、これは凄い事だと思います。


鼻はちょっと短いかなー。この倍くらいあっても良いと思う。
あと目は、象系は「左右つながった」形状であってほしいかなぁ。ツインホーンやエレファンダーのような。
牙がパイプ状なのもちょっと変な生っぽさを感じる。
…と不満点を述べましたが、不思議と全体を見れば違和感はなく、これはこれで魅力的に見えます。

全身を紫のラインが走っており、これが全体を上手く引き締めているからかな…?
ところでこの紫のラインは塗装済みパーツなのかな…?
できれば別パーツであってほしいけど厳しいだろうなぁ。
ただ、ゾイドワイルドの塗装済みパーツ(Z・Oバイザーなど)は綺麗なので、塗装済みパーツであってもそれほど心配はしていません。

色は黒・紫の方が似合う気もするなー。
というか、伏字なしで書きますがキュベレイっぽくて……。
まぁ、これは実物を手にとってどう印象が変わるか。に期待しています。

背中の獲物はゴツくて良い感じ。
爆弾を4発背負ってる!
そしてこれを鼻で投げるだと!?
なんかハイテクなんだかローテク何だかよく分からないですね。
鼻で投げる意味はあるのかい。投射機ではいかんのかい。
大砲があるのにわざわざ鼻で投げるって……という気はするんですが、そこは設定上の秘密がありそうな気もしています。
設定面にも期待しております。


鼻で爆弾を投げる動作の為に、顔が三枚におろしたようになってるのは難点だと思います、、、。
「顔があって」「そこから鼻が生えている」ようにしてほしかったなー。
顔を突き破って鼻が動くのはちょっと。。。

とはいえ、ゾイドマンモスなんかも鼻の生えてる位置がおかしかったし(ビガザウロのユニットを流用したせいで)、エレファンタスは鼻がないし。
エレファント系のゾイドは何かしら変な要素があるのが伝統なのかも……。

アニメではいつ頃登場するのだろう?
やはりOP映像を見る限りランドが開発に関わっているものと思いますが……それ以外は全く予想が経たない!

という事で色んな意味で大注目です。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

パーフェクトヒューマンの改造講座動画では

耳にゼネバスの国章がついてました。試作から製品版になる間に変更がかかったのか?
トミーの謎のゼネバス推し、せっかくなのでへリックでトリケラトプスな新作も欲しくなります。
ワイルドの3年目も楽しみです。

No title

ゼロファントス、デザイン、ギミック、第3勢力の設定と予想以上の新機軸ですね。

白と紫のカラーリング、私は面白いと思います。紫は毒のイメージでしょうが、白は骨ではないかと思います。それも、恐竜博モデルのような薄茶色の化石ではなく、ちょっと不気味な白骨のイメージかと。黒と緑をモチーフにした初期暗黒軍のデザインのアンチテーゼに思えるのは深読みでしょうか。

ちょっと個性的な牙は、エレファンタスのようです。名称がアンカーファングだから…恐らく飛び武器ですね。ゴジラの第2の脳に高圧電流を流し込んで破壊するのだ。

三枚下ろし(笑)の顔は確かに好みが分かれるでしょう。私もちょっとクセがあるなと思います。ギミックのためとは言え、鼻が短いのもゾウらしくない。古代ゾウのゴンフォテリウムやステゴロフォドンならしっくりきますが…ちょっとマイナー過ぎますね(笑。ただ、実際に動き(※)を見てみるとそれを補える魅力があります。ゼロブラストのギミックは、ゾイドと言うより懐かしのネンダーランドでした。

※「ゾイド改造WEB教室」がYouTubeで公開されており、子どもたちに披露されていました。男の子も女の子も、参加した子どもたちのキラキラした目と歓声がとても良かったです。…子どもたちがみなガチ勢だったのが驚愕でしたが(゜Д゜)

あと動画を見て衝撃的だったのは、キットにあのゼネバスエンブレムが貼ってあったこと。色は紫ですが、蛇と短剣をあしらった逆三角形のデザインに見えます。コレが意味するところはとは!? ちなみに残念ながら、動画を見る限り、関節は動いていなかったようです…

いずれにせよ、第3のゾイドの登場ということでこの後のゼログライジス共々期待大です、ただ、暗黒軍の初期ゾイドのように新機軸が短命で終わらないようしっかりタカラトミーには頑張って頂きたい!

No title

すでに某所やツイッターで話題になってて私もやってみたんですが
なんだろなーこの色と思ってたゼロファントスの色の階調を反転すると…びっくりしました

動画紹介でゼネバスのシールが貼られてるようなもの見られましたし
一体どういう立場(設定)の奴なんだ!というのがますます気になります><

No title

原始ゾイド(ゼロファントス、ゼログライジス)が「星を壊す」というのは、よくよく考えるに当然の帰結なのだろうなあと思いました。

というのも。
少なくともゾイドワイルドZEROでは地球に移住する際にその尖兵としてZiフォーミングによってゾイドを送り込みました。
……「惑星Zi人が住めるように惑星改造」と言えば地球人と変わらないじゃないか、とは思われるかも知れませんが。
家の建っている土地に再び家を建てるには、前に建っていた家を壊さなければなりません。
それが例え、既に十分人が住める家であったとしてもです。

であれば。最初に以前の地球環境を壊すのが担当になる解体屋のようなゾイドが最初期には存在していたはずです。
それこそが原始ゾイドの説明されるところの「星を壊す」であり、ゼロファントスやゼログライジスであり。ゾイドクライシスで世界の三分の一を破壊したというジェノスピノの真相なのではないでしょうか?

果たして、その解体屋だったゾイドは、本当に悪い事をしたゾイドなのか?
それについて今後言及があることに期待したいと思います。

ところでゼロファントス。真正面から見たフェイスが見たいですが、どこにも資料がありませんね。
きっと、それなりにカッコいいと思うのですが。でも、ベストアングルではないのかな?
でも、今の時点でとても気に入っているので、発売される時やアニメでの登場が楽しみです。

で。前述の惑星改造の前の前段階としての環境破壊という所と照らし合わせるとですよ?
ゼロファントスが毒の爆弾を投げるゼロブラストを行うのは、一重に表層的な(本来は汚染されつくしていたと思われていた)地球環境の破壊が使命であったのではないかな? などと個人的には推察しています。

神聖な象である白象のイメージかと。オツベルと象のような。
ゴジラがGodであるように、神的存在が怪物であったりすることは日本ではよくありますから、禍々しい神のイメージはしっくりくる(写真に複数機写っているので、多神教だ!笑)。
量産機なんですね。「量産」というのは、古代ゾイドが「製造された」ものであればの話ですが。

コアについてですが、それはこういうことではないでしょうか。

トマト農家のAさんが、かぼちゃ農家のBさんについてこう言います。
Bさんは「うちの畑にはない野菜を持ち」云々。
ゼロファントスは「進化&兵器ゾイドにはないコアを持ち」云々。

Aさんは野菜を持っていないわけではない(ただBさんが持っている野菜を持っていない)。

ゼロファントスは、これまでの進化&兵器ゾイドとは
一味違ったコアを持っているのかも。

ご指摘の通り前作ワイルドでコアらしきものが描かれていましたし、
今作ゼロでもジェノスピノのコアに突き刺す描写、
ジェノスピノ復活作業の描写にコアが写っていましたから、
流石になかったことにはできなそうです。

ゼロファントスの脚の説明を読むと、
そうか惑星Ziのゾイドたちは「骨格とアーマーを一体化」した脚部を
持っていたのかと思いました。
ワイルドになって骨格が意識されるようになり、以前のゾイドもキットとしてはともかく設定としては装甲の内部に骨が入っているのかと思っていましたが、まあ、ゴドスとか明らかに入ってませんし(バネっぽいものが骨? いやーそれはちょっと)。
とすると、ここで言う古代ゾイドって、メカ生体とか新世紀とか、ああいう時代のゾイドのことなのかも?

昆虫型ゾイドに内骨格があり、象型が外骨格風なのがちょっと不思議に思ったり……。

No title

確かに、三枚おろしの顔は……。
象が背中に乗せている爆弾を投げるとすれば、
①顔を上に向けて
②鼻で爆弾を掴んで
③投げる
という過程になるはずなので、技術屋トミーの後継企業の製品としては苦言を呈せざるを得ない……です。

あと、M型ゾイドはドライパンサー、ライジングライガーが4000円で、ソニックバードで3500円に戻ったと思ったらゼロファントスでまた4000円になったのですよね。
ジェノリッターよりは安いのですが、M型が3000円で始まったことやL型が現在4800円であることも考慮すると心理的なハードルが上がってしまうので、このままM型4000円が常態化してしまわないか、不安に感じてしまっています。
S型との価格差も極端に感じられるため、2000円から2500円くらいで72時代のHiゼンマイ級かライトニングサイクスに相当するサイズのキットもリリースした方がいいというか、リリースして欲しいと思っています。

No title

古代で骨格とアーマーが一体と言うと旧世代の意識?とも思ったり、今のゾイドに進化する前段階で骨格とアーマーが未分化とかかな?と。

コアと言ってもバイオゾイドのコアみたいなコアを覆っているパーツ的な意味かなと。
そういえば、骨格と言うとバイオゾイドで確かそれに携わった人?(うろ覚えで)のイラストがpixivにありましたが、キャプションで本来内面の骨格が外装なんて無茶だなあと思った、という旨のことが書いてありましたが、考えてみればワイルドは骨格を内装化で外装を付けていくというコンセプトなのですよね。こうした意味でもアーマーと骨格は興味深いなと。

ゼロファントスのゼロブラスト、顔が三枚おろしなどの難点はありますが斬新なギミックの意欲は良いと思います。
また、その背部ユニットを付けた姿を見て思ったのが「古代の戦象辺りもモデルだったりする?」と。ユニットが櫓のようにも見えるというか。
昔もザバットで「これのモチーフの1つって戦時中試作されてたコウモリ爆弾?」と思ったりもしましたが。

No title

>アングラーさん
妙にゼネバス押しされますよね。新世紀の頃も。
どんどん惑星Ziに近づいてる感じがします。
今後も目が離せない!
3年目も継続されるようだし、本当に楽しみです。

>ネームレス Mk-II 量産型さん
白は骨を思わせる不気味さがありますね。
真新しい骨を思わせる白。
なんか凄みがあります。紫も毒毒しいですね。

牙はエレファンタスに似てますね。
アンカーファングはどう使うかが楽しみです。
爆弾との連携はあるのかな?

鼻の長さは鼻が短かった頃のゾウの先祖っぽいですね。
私は牙を左右逆につけてダイノテリウム種にしてみたいなー。

ギミックは仰るとおりネンダーランドです。
レンジャーワンとかナゲールワンのギミックに近い感じがします。
遊び心たっぷり!

>日和見さん
!!!!!
確かに反転するとアレだあああ!
しかしゼネバスのエンブレムを使っているというのは一体……。
明かされる日が楽しみですね。

>やまさん
なかなかえぐい話しですが説得力はありますね・・・。
これは物語や世界観を考える大きな進展になりそうです。

紫炎龍というシューティングのストーリーを思い出しました。
-----
移民可能な惑星を発見したキャラバンだったが、先住民の激しい攻撃を受け危機に陥ってしまう。
キャラバンは生き残るために高性能戦闘機バーンドラグーンを発進させ、生き残るために彼らを壊滅するべく戦火に飛び込んだのであった…。
-----
このシューティングは自機側が完全に侵略者側として設定されている極めて珍しいゲームです。

さてワイルドZEROは結果としてこうなってしまったものの、その影には科学船をのっとった一味なんかもいたわけで、事情が複雑ですね。
それに対する謎解きや見解が今後必ずあると思います。期待しましょう!

>す さん
白は神聖なイメージもありますからねー。
今後設定面はどんどん出てくるだろうから、その辺を心待ちにしたいです。

脚部は惑星Zi産のゾイドもガリウスやハイドッカーたちは骨だったと思いますが、ゴドス以降で一体化した感じですね。
でも一部の資料を見ると「ボーンフレーム」が入っているという記述もあります(いずれ紹介します)。
その辺もまだまだ謎が多いです。

>坂上蜘蛛麻呂さん
鼻を実際と同じくしようとすれば、たぶん不可能ではないと思います。
ただ部品点数が増えすぎてワイルドの組みやすい仕様と乖離してしまうのかな…とは思います。
ただその上でやっぱり気になってしまうのですが、、。

価格帯については仰ることよく分かります。
難しいところですね。
Hiゼンマイゾイドはぜひともリリースして欲しいです。
お手頃サイズで満足度も高いし、超期待しています。

>kaiさん
バイオゾイドもいずれは含めて考えていきたいですね。

バイオゾイドはかなり試行錯誤されていて、伝ホビだと骨じゃなくて「ゾンビ」のようなアーマーをまとった開発スケッチも公開されていたりします。
骨を模倣したアーマーはたしかに無茶ですよねぇ。
それが不気味さを出していましたが、「メカニカルな内部の外に骨を模倣したアーマー」というのは逆じゃないかと。
もちろんそれゆえに不気味で唯一無二の魅力を持つものでもありますが…。

ゼロファントス、仰るとおり古代の戦象は意識されていると思います!
『ザマの戦い』の絵画のものとよく似ていますよね。
近代戦だけでなく古代の戦いも意識しているとすれば更に面白い!
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント