ライガーゼロフェニックスの続き

ライガーゼロフェニックスの追加。


ゼロフェニックスのゼロ単体について、以前の記事で中途半端じゃないかと書きました。
もっと黒とか青にした方が独自の魅力を出せたんじゃないか、これじゃノーマルの白いゼロとの印象の差が低いのではと。

しかし合体を見て意見を改めました。フェニックスの青とゼロの薄い青がとても良い感じでした。
なるほど、黒とか青にしたらこうはならなかったかもなー。
合体状態を考えた色だったわけですね。


個人的にゼロフェニックスは謎が多いと思います。
まず、翼の取り付けがフェニックスとは前後逆になってるんですよね。
なんでだろう?


主翼の向きに注目。

翼は同じ向きにした方が良いと思うんだけどなぁ。
強いて考えるなら
・フェニックスの向きは高速飛行に適している。

・合体したゼロフェニックスは重いので高速飛行は不可能。滑空を重視した形態にしている。

というような目的があって変化している……のかな。


ゼロフェニックスの更に謎な部分


これは頭部。


パイロットはここにいる……んですが、コックピットはもう一つある。
そう、フェニックス側のコックピット(頭部)だ。


フェニックスのパイロットはこの時何をするんだろう?
火器の制御や翼の動きかなぁ。
でも、バトストの描写を見るとゼロのパイロットが全てを操作してる感じがする。
合体する前提のフェニックスは無人機で運用されてるのかなぁ…。

もしフェニックスのパイロットも操作してるんだったとしたら、ゼロのハッチを開けたときを考えるとめっちゃ辛そう。
ほとんど180度裏返ってるから。
この瞬間に限ればバリゲーターをも超えてるかもしれん……。


ゼロゼニックスの好きじゃない所は背中の武装かなあ…。
ミサイルと二門の大型砲で構成されている。
見た目としては二門の砲が目立っており、中央のミサイルは大きさの割に目立っていない。
しかしながら設定的にはこのミサイルこそが必殺武器である。

「余剰エネルギーは、エネルギーCAP技術でチャージミサイルに蓄積。ゴジュラスギガのゾイド核砲1門に匹敵する破壊力も手に入れた」という強さがちょっと分かりにくい説明がされているんですが……、とりあえず最大威力を誇る装備である。
バトストでは29機のゼロフェニックスが出撃しましたが、もしも29機が一斉にこれを放つ事ができていればセイスモサウルスだって倒せていたかもしれない。
そんな装備なんですが……、残念ながら目立っていない。
これは惜しいなぁ。
ゴジュラスギガもそうなんですが、設定で「凄いぜ!」と言われている装備が目立っておらず、しかも作中で不発だとどうしてもガッカリしちゃうんだよなぁ……。

箱裏の活躍想像図でもサイドの砲を撃っています。


なおこのサイドの砲ですが、なぜか名称などの設定が一切されていません。
これだけ大型の砲なのに…なぜ……。

ちなみに後方の機体はディスペロウと合体したライガーゼロブラスターという仕様。
チャージミサイルがあるんだから…、あまりディスペロウと合体して火力を補う意味は薄いような……。

ところでミサイルは実際にどの程度の威力なんでしょうね。
あのデスザウラーの大口径荷電粒子砲を上回るとされる32門ゴジュラスギガのゾイド核砲……の1門に匹敵する破壊力を持つ。
うーん……、エレファンダー程度の大型ゾイドを一撃で破壊できる程度の威力だろうか…?
極めて高い威力だけど、「ギガのゾイド核砲の1/32以下の威力」と考えるとこれ位が妥当な気がする。
ただしギガと違って量産可能。
なので「機数を揃えて撃てばデススティンガーやセイスモサウルスをも破壊可能な威力に高める事ができる」という目算で開発されたのかも。


やっぱり撃ってほしかった気はするなぁ。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

こいつは色々と話のネタに困らないゾイドですね。

パイロットが二人必要な理由は
やっぱり操縦性の問題じゃないでしょうか?
こいつの操縦性評価は確かB-のはず。

飛行することを考えると一概には言えませんが
これは比較的操縦性の良い共和国ゾイドでもかなり低く
評価が公開されているゼロシリーズではもっとも低い値です。

背中の砲やミサイルも実際はそんなに強くないみたいですよ。
砲撃評価がディバイソンやDCS-J以下です。
同評価といえばアーバインコマンドやサラマンダーです。
帝国ゾイドではサイクスと同等でした。
荷電粒子砲等重たい一撃を持ったほかのゾイドに比べれば
ずいぶん控えめな評価です。
コア砲一門と同程度の威力と聞けばすごく思えますが
コア砲にも背中から尾先まで大小さまざまありますので…ということなんでしょうかね。

因みにサイドの砲ですが
ファンブックでは翼の砲共々AZショックカノンと説明されていたかと思います。どう見ても形状が違うんですが、結構大雑把です。

それと最後に野暮な突っ込みですが
ゼロ部分は一応完全野生体ゾイドなんて手軽に量産は出来ませんよ。
その割にはうじゃうじゃいますがね。野生体絶滅させる気なんでしょうかね。

No title

ストーリー中におけるライガーゼロの色の謎で

ジェットフェルコン説明書のストーリーで
・イクスに偽装ていたしたレイ・グレック達のゼロが
 装甲パージしてエナジーライガーを奇襲
※イクスのゼロ素体は金・黒・黒キャップ
・フェニックスと合体するも破壊される
 →ファルコンと合体して最終決戦! となりますが、
説明書写真のゼロファルコンに使用されたゼロ素体は
フェニックスベースの青・黒・赤キャップでした。

ストーリー上で気になったところなので
ファルコン発売当時、一番購入しやすいゼロは
フェニックス同梱の青だったから、かもしれませんが

前向きに考えて
・偽装の素体色は塗装による物で戦闘で剥離した
・ゼロ素体色はパイロットやゾイドの意志で変色できる
(合体によるカラーコードの変化やパワー補正?)

※イクス偽装は文章標記のみのため
・最初から青素体+イクス外装だったけど問題なかった
(共和国ゼロを鹵獲して運用していた)

・その他

解説文書と写真の齟齬をどういう風に解釈するか
ストーリー中における考察し甲斐のある
ゼロのカラーパターンの標記でした。

No title

箱の図では翼の砲を指してAZショックカノン×4になってるのでここに含まれるんじゃないでしょうか。世界観が違うので微妙なソースですがゾイドFORではAZショックキャノンでした。

しかしこの砲、フェニックスの脚フレーム兼用なのと上側ガッツリ空くので強さに説得力が欠ける気がします。ブロックスは組み換えが売りなのでパーツを砲身に見立てた改造もひとつの工夫だと思いますが、初めから砲身である体で組まれて登場するならともかく現地で合体分離するので見掛け倒し感が強いです。
これ撃ってる写真の形態もフェニックスが大半のブロックごと分離するのでコア共振による相乗効果というB-CAS強化理論に反していそうでちぐはぐな印象。いやキマイラ要塞を攪乱する場面だから分離してるの自体は分かるんですけどね…もうちょっと本領発揮シーンをあげても…

No title

チャージミサイルは謎が多い武装ですね。
これについて何度か考えましたが結論は出ず…
「余剰エネルギーをチャージ」「360秒のチャージでゾイド核砲に匹敵」のあたり、フルチャージまでの360秒間はそちらにエネルギーを食われて全力機動ができないのではないかと。
そのへんが実戦でうまく使えなかった原因だと思うのですが…

・エネルギーをチャージすると威力が上がるミサイルとは?(エネルギーCAPというのも、ガンダム他SFでよく見ますがゾイドでは突然出てきた単語のような)
・なぜ戦闘中に合体で得た余剰エネルギーをチャージして発射するという手順を踏むのか?(出撃前にチャージしておくのは危険な代物なのかも?)
考えるとゾイド核砲並にヤバ気な武装ではないかと感じます…(人造コアとか入ってない?等)

No title

コア砲はギガ自身を死亡させる前提の兵器なので、一門でもデスザウラーの装甲を
貫ける威力は無いと、装備として採用する意味が無いのではないでしょうか。
(メイン目標ではないエレファンダー級に通用する程度だと、審議の段階で
「お前エレファンダー相手にギガを自爆させる気か!?」と却下されてるはずです(^^;))

ライガーゼロフェニックスの「必殺兵器」として装備されてこの作戦に
投入されたのですから、時間をかけてチャージしないといけない使いにくさも
考慮すると、ミサイルの威力は相当高いと思います。
29機で一斉発射すれば、そりゃセイスモも倒せますよ(苦笑)。
評価は低いのは、チャージ時間がかかりすぎるとかの理由ですかねえ・・・。


No title

そもそもコア砲はどういう場面を想定して装備されてるんでしょうか?
個人的には効率化し指向性を持たせた自爆装置と解釈してます。
デスザウラーのみを想定した装備でもない筈ですので
砲の一門の威力が多少低くても
審査で落とされることもないと思います。
また、チャージミサイルがそんな髙威力であれば
装甲値的にセイスモ撃破は十分可能となります。

それと砲撃評価のマイナス点に
取回しの悪さがそこまで影響を与えるのなら
ギガやジェノの評価も
今より数段落ちるのではないでしょうか?


No title

前述の通りゼロフェニックスのデザインは好きな部類なのですが、設定面は色々と気になるところが多いですよね。

ゲームのアーマードコアだと大型ミサイルを過積載で装備して作戦開始。開戦直後にミサイルを全弾ばらまいて先手を取った上で、空っぽのランチャーをパージ、高速戦闘に入るという戦法があります。この戦法の有用性はスタークジェガンによっても証明されている(笑)のですが…ゼロフェニのチャージミサイルだと恐らくこの手は使えないでしょう。一発必中の大型弾1発ではばらまけないし、即応性が魅力のミサイルなのにチャージしないと使えないし(基地で事前に合体して弾頭にエネルギーを充填しておくべきw)。

それに、セイスモにミサイル撃っても、よほどの飽和・波状攻撃をしかけないとシン・ゴジラのごとく片っ端から撃墜されてしまいそうです。実際に迎撃されて有効弾に全くならなかったとすれば、失敗談としてバトストに詳述されなかった考えると筋が通るのでは無いでしょうか(汗。

No title

ネームレス Mk-II 量産型さんのコメントの、「~よほどの飽和・波状攻撃をしかけないと~」
というご意見を見て、有効な攻撃法を考えたのですが・・・
コア砲の威力を出すエネルギーを内部に秘めた大型ミサイルって、迎撃されて破壊されれば
かなりの大爆発を引き起こすんじゃないでしょうか。
なのでセイスモ1機に対してこのミサイルで攻撃するならば、セイスモの周囲に散開した
ライガーゼロフェニックスたちからタイミングをずらした先制ミサイル群をまず数発発射し、
迎撃されて起こる大爆発を目くらましにして、あとのミサイル全弾を発射するのが
想定されていた運用方法なんじゃないかと思います。
このライガーゼロフェニックスたちは、そこまでいけなかった可能性が高いのでは・・・?(汗)

No title

ZZガンダムの外伝漫画でバウ(上半身下半身分離可)の上半身の戦闘機形態だけを量産して運用してるシーンがありましたから、フェニックスも合体しないで軽戦闘機として量産単独運用するプランもあったのかもしれないですね

コアミサイルはミサイルと言う名のタンクにエネルギーをためて、発射と同時に弾頭を溶解させエネルギーの塊を敵にぶつける装備ですから、射程が短いでしょうし、本来は長距離からチャージして、臨界寸前に翼のマグネッサーシステムもフル稼働させて一気に肉薄してぶつけて余波に巻き込まれる前に離脱するのが本来の運用で要塞内や鹵獲の可能性もあり(後続の部隊が近づいてるので離脱阻止だけでよい)使用しなかったのだと思いました

最後にテレストリアルモードですが、アレが本来の後期型ライガーゼロだったのではないかと思いました
敗戦により組織力を大幅に失った共和国にはフルにCASを運用する力はなく、特化させずに総合力の向上型を開発する状況になったとします。
ですが、タイプゼロが思いのほかゲリラ戦に適しており、ギガやゴルヘックスの配備に予算を割きたい状況からお蔵入りになったのだと思いました
その後東方大陸でゼロフェニックスのフレームの原型として使ったのではないかと思います<ゼロフェニックスの開発に失敗しても、総合向上型ゼロとして配備可能な保険プランとして

最後にゼロフェニックスの射撃評価の低さですが、火力は申し分ないけど射程やチャージの問題から運用性が低いゆえの評価(火力以外が最低ランクで評価が下がった)だと解釈しました<と言うより12連小型ビーム砲とか一つ一つの火器は強いけど同時に運用しづらい(操縦性の指摘も此れ)ゆえの評価かもしれないですね

No title

>No Nameさん
考えるネタを沢山提供してくれる。そしてその回答にめっちゃ困る。そんなゾイドですね。

パイロットはやはり二名でしょうかねえ。
でもストーリーを見ると一人で操縦してるっぽいし、B-程度の操縦性なら閃光師団の面々は全く問題なく操縦できそうな気がします。
難しいです。

背中の砲は単発の威力ではなく連射力などの運用面を加味した総合評価で威力のみではないと思います。
とはいえ、もうちょっと欲しいところですね、

「威力は高いが使い勝手の悪さを相殺できるほどではない」といった所でしょうか。
では何故これが開発されたかも考えたいですね。
やはり難しい…。

サイドの砲について情報ありがとうございます!
ファンブックの解説も見直します。

>No Nameさん
色にも謎がありますねー。
私は「色は自由に変えられる」派です。
というのもブロックスのPVで赤いレオストライカーと青いウネンラギアが合体すると白になったりするからです。
ブロックスの時代には特殊処理をしたパーツは自在に色を買えることができる。
ブロックスやB-CAS対応機の装甲は基本それになっている、と。

色が変わるといえばロックマン。ロックマンでは以下のように設定されています。
-----
特殊武器を切り替えるとロックマンの色が変わるが、これはボディのコーティング素子がプリズム状になっており、特殊武器装備時にR.S.動力炉から発生する特殊な波長がその屈折率を変えるためである。
-----
これと同じようなものなのかなぁと。
ちょっと便利すぎる気もしますが、光学迷彩があるよな世界なのであながち無茶ともいえないと思います。

>NoNameさん
色んな情報を総合するとA-Zショックカノンっぽいですね。
カノンとキャノンは同じとして良いと思います。

砲の上側の空きは気になりますね、、、。構造上仕方がないこととはいえ。
全体的にもう少し煮詰めて欲しい。そうすれば更に良くなるのに・・・という惜しさが目立つ機体だと思います。

>極光さん
「360秒のチャージでゾイド核砲に匹敵」はたぶんミサイル用に全エネルギーをまわした秒数で、最低限の動きをしながらだと倍程度。十分な機動を確保しながらのチャージだともっとかかる……ただし時間さえかければチャージは可能。
いちど貯まればある程度の時間はエネルギーが持続する。ただしあまりにも時間がたってしまえば自然に放電してしまう(充電池のような)という解釈をしています。

出撃前にチャージしておかないのはフェニックスと分離した状態で出撃して現地で合体しているからじゃないかなぁ。
一番良いのは
1、基地でゼロフェニックスにしてエネルギーをチャージする

2、フェニックスにミサイルを積む

3、フェニックスが空から撃つ
だと思いました。
何故そうしない……。


エネルギーは普通のミサイルで言うと炸薬に相当するポジションではあるんでしょうね。
ここはまた考えたいところです。
意外なヒントはゴジュラスMK-II限定型だと思います。というのも同機のミサイルには極太パイプが繋がっていて何らかの意味がありそう。
実は同機のミサイルもチャージミサイル的なものではないかと思っています。

チャージミサイルは新記事を設けていろいろ妄想したいです!

>Jスターさん
1門でデスザウラーを貫けるなら、その威力で満足してギガが死ぬような仕様にはしなかったんじゃないかなぁ・・・と思います。
32門同時に撃つ。言い換えればそうしなければならない。
そう考えると必然的に一門あたりの威力は低く考えられると思います。

詳しい算出や目的はしたいですね。

>No Nameさん
方向性はもってそうですね。背びれから撃つのでその方向に進みそう。
一方で全方位に広がるならウルトラザウルスの「前包囲攻撃」のような効果を生むのかも。

デスザウラーは自爆でガイロス帝国首都を壊滅させました。
いざとなれば一帯を敵後と吹き飛ばして自爆できるような装備なのかも・・・。

>ネームレス Mk-II 量産型さん
ミサイルは謎が多いですよねー。

セイスモは確かに迎撃しそう。ミサイル迎撃には首や尾の小型ビームはめちゃくちゃ有効そう。
ただし近距離で爆発すればJスターさんの仰られているようにダメージになりそうですね。

ミサイルは航空機の場合は基本として直撃させるのではなく近場で自爆して破片を当てるものです。
軍艦は爆弾が新距離に落ちればその破片で穴を開けられ沈むこともあります。
飽和攻撃すれば全て迎撃されてもそこそこのダメージになるかも。

>デスペラードさん
ミサイルの射程も考えたいですねー。
何しろ謎が多すぎる…。

一撃離脱の運用は面白い考えですね!
その方面でも考えたいです。

テレストリアルモードは仰るとおり無難に綺麗にまとまっていると思います。
余り語られることのない本モードですが、それも考えたいですね。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント