34話!!!

34話でした。

今回は真帝国に占拠された街での戦い。
そしてまた同時に、ランドが港に漂着し独自の行動を開始する……。
そんな回でした。
今回も濃密!!

ランドの方もえらい事になっていたんですが、今回は真帝国を巡る戦いについて。


真帝国は帝国基地を15箇所も奪っていた。
しかしオメガレックスを失い弱体化した今、8つは奪還されたらしい。
現在真帝国に残る基地は7つ。

これは仕方がない。
真帝国はもともと少数精鋭でオメガレックスに頼りすぎた戦力だったからなぁ。
独自の高性能機キルサイスはありますが、やはり大規模な奪還部隊がくれば防衛は難しいでしょう。
(そもそもキルサイスは防衛に向いた仕様とは言い難い)


ノックス大尉とシェル軍曹も奪還作戦で大活躍。
普段はギレルやリュック隊長の影に隠れがちですが、彼らもまたエース級なのでしょう。

さて帝国軍は次なる奪還の地を「トラモント基地」に選ぶ。
多数のスティレイザーとクワーガが配備される重防御の基地だが、問題なく奪還できるだろう。
その筈だった……。

だが真帝国本部がランドの置き土産「ハンターウルフ改」を投入した事で作戦には狂いが生じ始める。


ハンターウルフ改!
同様のカラーで登場した「ファングタイガー改」と同等かそれ以上のインパクトを残してくれました。
凄い改造ゾイドだった。


陸戦ゾイドがブースターと翼を付けて「低空に限られるとはいえ空中戦をもできる」ようにした仕様。
火力も盛り盛り。
かの「アイス・ブレーザー」を思わせる仕様ですね。
そして必殺のワイルドブラスト(マシンブラスト)は……、


恐るべき切れ味を誇る回転ノコギリ状の波動を射出。
「うぉおビームスマッシャーやんけ!!」と思わず叫びそうになった。
スゲー。
ファングタイガー改はグレートサーベルイメージでしたが、ハンターウルフ改はメカ生体ゾイド時代の暗黒軍の要素を沢山詰め込んでいた気がする。
カッコいい!

あのギレルのスナイプテラのエンジンに命中弾を与え、更に片翼を奪い完全な勝利を得る。
ハンターウルフ改の活躍で、真帝国はトラモント基地を守ったのだった……。


ということで34話でしたが、やはりハンターウルフ改でしょう。
凄かったなー。
いや、あのカラーで発売してくださいよマジで……。
(キャップも)

上でも書いたように、陸上機を飛ばすのはアイス・ブレーザーを。ワイルドブラストはギル・ベイダーのビームスマッシャーを思わせるもので「スゲーーー」となっていました。
「ビームスマッシャーだ!!」は多くのオールドファンが思った事ではないかと。

ランドもいい置き土産をしていたもんだなぁ。
ファングタイガー改よりも性能は上だと思うんですが……、アルドリッジにこっちを渡さなかったのは何故?
まぁ、ファングタイガー改はステルス性があったので、与えられた任務の特性上、そちらの方が適していたのかな。

ライダーは少し前にドライパンサーで敗北したスピーゲルだった。
ここからは幾つかの事を思いました。

スピーゲルの腕は高い。とはいえ、性能面で言えば格下であろうガトリングフォックスに負けた。
にもかかわらず現在の真帝国にとってはまさに切り札であろう機体を与えられた。
そう切り札。
オメガレックスがない今、とっておきの機体はこれ位しかなかった。
それを一度負けたスピーゲルに与えた。
真帝国の人材不足が伺えます。

また「真帝国にスピーゲル以上のライダーは居ない」事も分かる。
今回は基地防衛に成功した真帝国ですが、その先行きは暗そうに思えるなー。


スナイプテラVSハンターウルフ改はものすごい迫力でした。
難を言うなら「ギレルがわざわざ敵のフィールドで戦ってあげた」ような気がして、それは何故だろうとは思いました。
飛べると言っても所詮は低空飛行に過ぎないし、根本的には陸戦機だから空戦でスナイプテラに勝るものではないでしょう。
なので「敵が対空射撃するくらいしか反撃の手立てがない」ようになる中程度の高度から撃てば良かったのではないかなぁ。
わざわざ狭い格納庫内に入った事で避けるスペースが乏しくビームスマッシャーを受けてしまったように見えた。

とはいえ擁護すると格納庫内に入った時点では敵がビームスマッシャーを使う事は判明していなかった。
まさかあんな攻撃があるとは思わなかったのだと思う。

ただそのうえでもう一度ギレル側を責めると、自分が最強というおぎりで敵の策にはまった気もちょっとする。
味方のスナイプテラ隊と協力したりすれば問題なくハンターウルフ改は排除できていたと思うんだけどなー。
1対1で勝つ事にこだわったから負けてしまった(=作戦失敗)になった気がする。
その辺は反省を求むところ。

とはいえ、エンジンに一発貰ったり片翼を失ったりしても、それでもなお十分な動きをするなどスナイプテラとギレル側にも見せ場はたくさんあったと思います。


スピーゲルは前回負けてるだけに背水の陣の想いで挑んだのでしょう。
ドライパンサーは新しく一機が調整中のようですが……、今後はハンターウルフ改を愛機としていくのかな?

しかしハンターウルフは無印ワイルドでも美味しい所をかっさらっていったけど、ZEROでもやってくれるなぁ。
今まで一切出ていなかったので「扱い悪くなったな……」と思っていたんですが、それを吹き飛ばしてくれました。
これは同じく登場がないゾイド……、ステゴゲーゼやグソックやディロフォスにも期待がかかります。


そんなわけで34話の感想その1でした。
34話はその他にもランドのこと、レオ達のこと、そしてフィオナ皇帝のこと、来週大胆行動を起こしそうなメルビルのこと!
色々書きたいことがあるので次回以降に続きます!
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

 シーガル周辺の志とは無縁な連中を見ていただけに、占領された基地の司令官が割とまともな、志のある人物だったのがかなり意外でした。彼がシーガルの態度やハンナの扱いを見たらすぐに帝国に投降しそうです。
 そして、ギレルの真帝国への対応は意外なほど優しかったですね。「死人」ではなく「怪我人」を出したくないと言う辺り、殺す気は元々無いようでしたし。

 戦闘面では、ハンターウルフ改が格好良かったですね。しかも、ハウリングシャウトが強化されている。壁を突き破るのではなく、すり抜けて来るなんて、そりゃいくらギレルでも対応できませんよ。
 ただ、いい加減素組で再現できない改造はやめてくれ〜(泣)。ウルフのハードポイントは何故か斜めになっていてあの付け方はできない。ファングタイガーやキルサイス、クワーガに至っては、該当箇所にハードポイント自体がないときた。力の掛かる部分なので、接着するだけというわけにもいきませんし。

 それにしても、新型・改造機共に、帝国側ばかり出てきますね。未だに共和国にまともな地上用高速ゾイドがいないので、ウルフくらいは共和国側で出てくるものと思っていましたが…。

No title

ファングタイガー改、ハンターウルフ改はぜひ商品化して欲しいですね…
HMMの方はそういう派生系をよく出してくれる印象がありますが、果たして

ギレルについては被弾した後「速い……ブースターか!」と言って格納庫に入ったので、
最強の驕りというよりはブースター対策が裏目に出たといった感じかもしれません

ウルフ改はギレル機の射撃を避け逆に返しの銃撃を当てるほどの能力があり、
ギレルでこれとなると他のスナイプテラが手を出すのは危険
素早いウルフ改にはスナイプテラお得意の空中からの狙撃もかわされてしまう
そこで入り口が1箇所だけの格納庫で待ち構えてウルフの攻撃ルートを正面に絞り、
格納庫に入ってきた所を狙う作戦に出た

しかしウルフ改は格納庫に入らず
リング状の音波鎌で格納庫の天井を貫通するという予想外の技を繰り出したので
翼を切断されてしまった……という感じでしょうか

No title

真帝国は1-2個師団程度の戦力しかないのに、15個所に戦力を分散させたら駄目でしょう(笑
もちろん、戦国時代のように本城・支城のネットワークで領土防衛を図るのであればありですが、近現代戦では無理ですね。

奪還戦前半のスナイプテラ編隊は、圧倒的な航空戦力の描写や、戦闘機っぽいカッコイイ挙動が素晴らしい。スティレイザーも圧倒的な不利の中で踏ん張ったと言えるでしょう。ワンカットですがキャノンブルとナックルコングが(砲撃だけで無く)飛び込んでいく場面も良かったです。

ただ、崖の上でちゃんと隠れていないライガー、遠距離射撃の精度がいまいちだったバズートル(名無しライダーではこんな程度なのか…)、なぜかクワーガと一緒にステイホーム屋内待機のスコーピアなど(プテラがいるのでクワーガが待機なのはわかりますが)、細かいところで気になる点もちょこちょこあり。双眼鏡の電子ズームの歪みの描写など、拘ってるところは拘っているようなのですが。

とは言え、それを補ってあまりあるハンターウルフ改!三式さんは改造仕様がアイス・ブレーザーのようだと書かれていますが、私は空を跳ぶ様子から「ダニー・ダンカンの空を飛ぶサーベルタイガー」を思い出しました。

スナイプテラとウルフの戦いですが、格納庫内に入ったギレルの狙いは、ウルフの動きを制限するために狭い空間で待ち構えたように思いました。公式FB4巻で、ケーニッヒが(マッドサンダーを狙う)ゼロイクスを射抜いたのと同じ要領です。ただ、ウルフのソニックシックルが天井を突き破らずにプテラにダメージを与えたのは驚きでした。音エネルギーを使ったビームスマッシャーという感じでしょうか。足場の無い空中で連射できるのも地味に厄介です。

真帝国は、タイガー、パンサー、ウルフと強力な高速ゾイドが充実しすぎです。数は兎も角、質だけは閃光師団が作れそうです…

最後にもう1点。不思議な光という誤情報に惑わされたレオたちですが、ワイルド無印でも古大秘宝Zを探して、洞窟の奥で”お宝”を見つける話がありました。ただ、無印の方は特に発展しない単発エピソードだったのですが、今回の謎のクリスタルはストーリー的に何か意味があればいいなぁ、と思います。ペンダントの原材料とかw

No title

ハンターウルフ改、カッコ良かったですね!
ファングタイガー改共々、改造しないで再現できるキットを売って欲しいくらいです。

しかし、驚いたのが音波兵器だからと言って建物の壁を透過してスナイプテラに直撃したことでした。
建物を切り裂いて迫るのではなく、すり抜けてくる! 何アレ!? 凄すぎない!? と、なりました。
これも、ランド博士の調整の結果なのでしょうか。
だとしたら流石というべきか。恐ろしいものを造ったものです。


難点は、仰る通りギレルがわざわざ低空で相手をしていることですね。
空戦ゾイドがわざわざ敵の領域に降りてくるというのは慢心だと思います。

しかし、それでもカッコいい事は変わらず。ソニックシックルの奇襲性は目新しかったですし、良かったです。
あと、スピーゲルのハンターウルフに話しかけて「仲良くしようぜ……」っていうのもカッコ良かったですし。
スピーゲルは好きなキャラだったりします。

No title

約7年ぶりに来ました。まだ精力的にゾイドを探求されていたんですね!

ゾイドワイルドは子供向き過ぎる気がして敬遠してたんですが、だんだん旧ゾイドに通じるデザインになってきて興味が湧いてきました。

しかし、クワガノスの様な小型はまだしも、ライガーやオメガレックスクラスの大型でパイロットむき出しはやはり違和感があります。

昔からレッドホーンなどの乗組員むき出しはネタにされてきましたが、旧ゾイドに慣れ親しんだ者としてはメインパイロットには装甲やキャノピーに覆われた頭部のコックピットに乗って欲しかったですね。

ゾイドワイルドではゾイドは生物であることを強く主張しているようなので、その脳みそにあたる部分をくりぬいてコックピットにするのは教育上よろしくないとされたんでしょうかね?

そのコックピットの違和感がある限り、私はアニメを見たりキットを買ったりはしないと思いますが、注目はしています。
願わくば旧ゾイドの再販を…。

お久しぶりです。
ハンターウルフのマシンブラストはビームスマッシャー風で好感が持てました。
あと片翼を失いながらも飛んでいたスナイプテラはゾイドではありませんが、日中戦争で同じく片翼の半分以上を失いながらも帰還した九六艦戦を連想でき個人的におっとなりました。
ワイルドもぼちぼち高騰してきているので、ここらで再販して欲しいです。特にキャタルガが欲しい!
それでは。

私は劣勢側がかっこいいと思うタチでして、今回の戦闘シーンは痺れました!
スパークしながら轟沈するスティレイザーとか、無念さが滲み出てたし。地面を横滑りして持ちこたえる赤プテラとか、着陸翼竜ってこんなに絵になるんだなあと感心しました。

ギレルが低空で戦ったのはウルフを引き付ける為かなと解釈してました。上空から狙ってもウルフは素早く避けていたので、そのままだと赤プテラの相手はそこそこにしてウルフは地上部隊に襲いかかったかも知れません。基地の占領は味方に任せて、自分は強敵を引き付けつつ仕留めようとしたのでしょう。
結局地上部隊から前進頓挫の連絡が入って撤退となったわけですが。

とにかく今回の戦闘は色々満足でした!

No title

ハンターウルフ改、見た感じですがファングタイガー改同様に工作任務系の改造かなと。
かなり中二チックなデザインになったなと(いい意味でw)

見た感じ思ったのが、今回ハンターウルフに乗るまでのゾイドからしてもスピーゲルの場合高速機乗りで腕はいいけど「直接戦闘というより工作員寄りの兵士(故に直接戦闘に引きずり出されたりそれ重視の局面になるとそこまででもない)な面はあるのでは?」と。

搭乗ゾイドの関係もこの辺で思うのが、高速機で奇襲、ステルス特化で特にこれが強調されていたドライパンサーですが、高速四足獣型ゾイドベースでこの方向性特化は「ありそうでなかった」というのは大きいと思います。
このドライパンサー、徹底しているのが「真正面からは向かってこなくて奇襲や隠密、不意打ちをとにかく使ってくる」と。工作任務もやってましたし。

旧シリーズではヘルキャット、ゼロイクス(アニメ未登場)やシャドーフォックスはこの手の隠密系の設定がありますが、
このうちこれが非常に強調されていたのはヘルキャットやバトストのゼロイクス(バリエーションも含めるならフューザーズのセイバータイガーホロテックも)程度ですし(ワイルドシリーズでもガトリングフォックスの光学迷彩設定がありますが最近対ステルス機の面も持つドライパンサー相手以外にも使ってなくて正面からが多いので割と忘れられてそうな)

今回のハンターウルフ改の勝因も高機動での翻弄からブースター対策に格納庫に飛び込んで迎撃態勢を取った相手に対する壁抜きでの不意打ちが決まったことですし(ドライパンサーの敗因は大体この不意打ちでしくじって負け)

スナイプテラの方は制空の強さいう描写の他に格納庫内での射撃や着地からの行動など、航空機という兵器と生物モチーフ故の両方の強みを活かした描写と思います。

No title

>レイさん
司令官は良かったですねー。
真面目っぽい感じ。
それだけに哀れ……。
今後も同基地は舞台になる事はあるのかな…?
注目ですね。

ハンターウルフ改は凄かった!
一期のハウリングシャウトの時点で超強力でしたが、それをさらに超える暴れっぷり。
いやもう凄まじい。

改造はウルフの方はフレキシブルアームを工夫すれば行けなくも無さそうです。
ファングタイガーは……救済が欲しいですね。
もどかしいです。

共和国側高速戦力は唯一、ワイルドライガーでしょうか。
ただ個体数がかなり少なそうですが。

>イチヨンさん
商品化超希望です。
イベント限定とかでもいいからやってほしいなぁ。
ぽっと出したライガーの色変えより燃えるんですが。

ギレルの読みが裏目に出た説、なるほどです。
でも百戦錬磨のエースなら野生の勘でそこまで読んでほしかった……というのはちょっと求めすぎでしょうか。

>ネームレス Mk-II 量産型さん
戦力の分散は絶対にやっちゃいけないですねー。
オメガレックスが居ればどうとでもなったのかもしれませんが。
しかし、一機に頼りすぎた弊害ですね。

スナイプテラ編隊の戦闘は良かったですねー。
やっぱり戦闘機はカッコいい。その見せ方をよく分かった描写だと思いました。

バズートルは案外「警告」だったのかなとも思いました。
んー…、正確に狙っていたのかな。
スコーピアたちは動いていて欲しかったですね。
人員が不足しているのかもしれませんが。

不思議な光については同感ですね。
何かの仕込みであれば嬉しいなぁ。

無印の不思議スポットはどれも単発だったのでちょっと残念でしたね、、、。
動物が癒されに来る場所とか、何か膨らみがあると思ったんですが…。

>やまさん
まったくです。
グレートサーベルやシールドライガーMK-IIのように強化タイプを販売して欲しい!

壁の透過は凄すぎですね。
現在、
https://www.gizmodo.jp/2019/03/laser-that-passes-through-white-paint.html
このような研究もあるんだとか。
それにしても凄いです。

>NoNameさん
ゾイドは常に子供向けです。
まぁ、仰ることもよく分かるんですが、ただ……、
戦後の「帰還兵の声が雑誌でグラビア特集されていた」ような世代は後の戦場漫画(紫電改のタカなど)世代に「あんなのはリアルじゃない」と言ったわけです。
その世代は次の宇宙戦艦ヤマトとかに同じように言ったわけです。
ガンダムも初代を見た層の一部は昔のはリアルだったと毒づくわけです。
エジプトの壁画には「最近の若者はダメだ」と書かれているみたいです。

繰り返しますが、言わんとしている事はよく分かるんです。
しかし言い方には最大限気をつけないと老害と言われて気分の悪い事になりかねないし、もう一つ極めて重要なのは「ゾイド界隈って老害がいっぱいで嫌だね」と思われかねないという事です。
その辺は意識された方が良いかと。

>屠龍さん
わかります。96艦戦の樫村機ですね。
私も同じものを思い浮かべました。

ワイルドは基本的に順次再生産されていると思いますが、特定の機種によっては少なくなっているものもありますね。
順次出番を出して再生産して欲しいです。
キャタルガ、グソックなどの虫系はぜひとも欲しいですねー。

>マーネイスさん
劣勢側がカッコいいと思う気持ち、わかります。
スティレイザーは多くの火器を持ちますが死角も多い…。
無念でしたねぇ。

ギレル機は劣勢な中でも見事な動きで十分な立つ瀬は残して、とても良いバランスでした。

低空なのはウルフを引きつける説、なるほどです。
たしかにギレルだからこそ最も厄介な敵を引き受けたのかもしれませんね。

…あの戦いってハンターウルフとギレルが居なかったら…、やっぱり真帝国側が勝っていたのかな?

>kaiさん
中二的、そうですねー。
黒いし。
工作系の改造とスピーゲルのこと、なるほどです。
スピーゲルには似合ったゾイドでしたね。
今後も活躍が期待できます。
楽しみです。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント