ゼロファントス!

アニメの感想の続き・・・といきたいところですが、今日はゼロ勢力の先鋒「ゼロファントス」を組んだのレポートです。

ゲットしました!


箱写真は静かなイメージですが、複数機が写っており、更に後方にはゼログライジスが控えている。
これから起こるゼロ勢力の活動が予感される……嵐の前の静けさのような、とても良い雰囲気のショットだと思います!

ちなみにゼログライジスの箱写真は嵐の真っ只中のような激しいものですね。


箱写真の物語性というか連続性というか。そういうのに注目してみても面白いです。

さて組もう。


ボーンとアーマーが一体化しているので、いきなり完全復元完了になります。

ただし、「ボーンとアーマーが一体化している」というのは語弊があります。
ボディはキャノンブルと同タイプのボーンだし、頭部の内側には骨を思わせる造りがあります。


こんな生々しい骨が入っているのだ。
※ただしゾウの骨格かと言われると若干「?」な形だし、目もないのですが。

ボーンについては正しくは「脚部のみボーンとアーマーが一体化している」と言うべきでしょう。
ただ「脚部のみ」といっても、印象は大きく異なります。


脚がとにかくがっしり太い!
もしも「ゾウ種」を従来と同じボーンで表現していたら……、ゾウらしさが足りずにヒョロい印象になっていたかもしれない。
この太さはまさにゾウのドッシリしたイメージにとてもよく合ってる。
「初めてボーンとアーマーを一体化したゾイド」にゾウ種を選んだののは大正解じゃないかな。

デザインはレッドホーン系の脚部によく似ている。
とても良いと思います。好き!
ゾウということで前足の方が大きいのも特徴ですね。


爪のデザインも好き~。
メカニカルに作りこまれているけど過度じゃない。ちょうど良い塩梅だと思います。

リアクターの紫のラインは塗装済みです。
メタリックの入った紫で、とても綺麗に塗られています。
再塗装しにくいのはネックかな…。とはいえ、これを別パーツにするとパーツ数が倍増して価格も大幅上昇しそう。
総合的な事情を考えると塗装済みパーツも良い選択だったかな。


脚部は一体成形で裏面は肉抜きが目立ちます。
白という事もあってとても目立つ。
これは難点です。フタがあれば嬉しかったんだけどなー。
新世紀のライトニングサイクスとかは「肉抜きがあって」「フタのパーツがあって」という二段階でプラの節約と美観を両立していました。
あれは最高だったんですが、またそうならないかなぁ。



かお。
かなり不気味な印象です。
単純に「カッコいい」じゃなくて、凄味や恐怖感が先に来ているデザインだと思います。

不気味と言えば、鼻をあげると顔は三枚におろされたようになります。


これについて事前の評価は「さすがにそれはアカンだろ……」でした。
組んでどう思ったかですが、やっぱりアカンだろという気持ちが半分くらい。でも同時に別の感想にもなりました。

本機は顔つきが不気味だし、体中を走るリアクターのラインも不気味です。
更に後頭部にはマインドホーンという怪しいシリンダーみたいなのが刺さってるし……。
そう、とにかく「不気味」なデザインです。
なので、三枚におろされた顔は不自然ではある。「そらアカンやろ」ではある。でも不思議と全体の雰囲気とはマッチしていて、これはこれで有りだなと思えました。

牙のデザインもちょっと不気味ですね。
そんでもってこれは射出可能らしい。
これを打ち込んで敵の動きを奪う。
そして何と…、


ちゃんと設定通りアンカー部分が別パーツになっているのだ。手動ではあるが分離できる。
これは素晴らしいことです!
こうなっている事により、射出するという設定を体感できる。
遊びの際の想像が無限に豊かになるんですよね!!!!
このパーツ分けは凄く感動しました。

顔の三枚おろしも悪くなかった。牙に感動した。ではマイナスはないのか。
ある。


鼻の短さはやっぱり難だなぁ~と。
これは組んだ後も同じように思っています。ゾイドとしてはかなり短い。1.5倍くらい欲しいです。
ゾイドマンモスもエレファンダーやツインホーンが立派な長い鼻を持っているから、それを思い出すと余計に貧相に感じる。
エレファンタスなんていう鼻が無いゾイドもあったので、あれに比べるとまぁ良いかなという気もしますが。
でもまぁ、エレファンタスは一切無いからいっそ清々しいんですよね。
ゼロファントスは半端に短いからどうしても気になってしまう。

個人的には…、


牙をこうやって逆向きにして…、


※画像はwikipediaより

「デイノテリウム種」とかにした方が良かったかなーと思ったりも。
デイノテリウムは絶滅した古代のゾウ。
(昔の図鑑には「ダイノテリウム」の名でよく載っていました)

特徴は、現代のゾウやマンモスとは逆の、下向きに付いた牙。そして進化の途中ゆえ短めの鼻ですね。
その他は現代のゾウに近い感じ。
体長は5mなので、現代のアジアゾウよりもわずかに小さい程度ですね。
とはいえ、かなりでっかいです。

かなり初期のゾウで、マンモスやナウマンゾウよりも古い時代のゾウです。
・古代から蘇った”原始”開放を見せるゾイド
・短い鼻

を思えば、デイノテリウム種で良かったんじゃないかなー…とは思います。

まあ、「ゾウ種」というと、考えようによってはざっくりした表記です。
決して「アジアゾウ種」とか書いてあるわけじゃない。
なので、デイノテリウム種と想像したり、あるいは「色んなゾウから要素を寄せ集めている」と考えても良いかもしれませんね。



ボディは白いので骨格の形がより分かりやすい。
あばら骨の部分にあからさまなハードポイントがあるのはデザイン上の難点かな…。
拡張性を考えれば良い仕様なんですが。
キャノンブルの場合は骨格が黒いので目だっておらず気にならなかったのですが……。


比べると、白だとハードポイントがかなり目立っているのが分かると思います。

また、なまじ脚部が装甲と一体化してガッシリしているので、ボーンがむき出しで見える体はやや貧相に見えてしまうというのもあるかな。

ここはひとつ追加装甲でも作って、ハードポイントを利用して貼り付けてみたいところ。
こうすればハードポイントが隠れ、装甲が加わることで貧相さもなくなるでしょう。
んー、しかし難度がちょっと高そうか…。

とまぁそんなゼロファントスですが、長くなってきたので今回はいったんここで。
次回に続きます!

次回記事では背中の獲物のことや・・・

意味深なこれについても触れていきたいです!
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

面白そうですねぇ(2つの意味で)

こんばんは。
うちは置き場所に困っているせいでゾイドを買える状況ではありませんが、ゼロファントスのギミック、弾を投げたりと色々と面白そうですね。そういう変わり種が多いからゾイドって魅力的だし、終わってほしくない。

あと、
やはり気になりますよね、「例の」ステッカー。

No title

キャノンブルの体を流用しながらゾウらしさを出す設計とか、アンカーを別パーツにする遊び心とか、面白いチャレンジが多いですね。

それだけに、肉抜きはあまり気にしない(無いに越したことはありませんが)のですが、やっぱり鼻が短いのが惜しい。

キャノンブルが肩(前脚の上)に装備があるのと比べ、ゼロファントスは腰(後脚の上)に装備があるのが面白いです。ギミックのバランスのためでしょうか。横から見ると戦象のようです。

No title

ゼロファントス、色々な意味で「意欲作」というのがしっくりくるかなと。
その一方で従来のワイルドシリーズの要素も見受けられますね。

意欲という面、1つ目は象という王道のパワー型モチーフに不気味さや不穏さを前面に出したデザインがまず1つかなと。
今まで王道モチーフで王道的な要素、キワモノモチーフで不気味さなどの邪道要素重視は多く見受けられましたが王道モチーフで不気味さなどの邪道要素重視と。
複眼(?)な目や毒といったものもこれに寄与していると思います。

意欲の2つ目は投擲という本能開放ギミックに加え、このユニットを他の骨格にも移植して動作可能+さらにそこにハードポイントでカスタム可能という拡張性と汎用性の高さですね。アンカーのパーツ分けもそうですが。
このギミックへのリソース重点によって他部分に少々しわ寄せが来たかなな感もありますが、動きとギミックの追及は支持したいと思います。

従来のワイルドシリーズのものからは、ワイルドからは毒装備のゾイドが本格的に出てきましたがそのワイルドで無毒生物モチーフで毒というのは初ですね。
また、本能開放ギミック関係での頭部のパーツ分割はトリケラドゴス骨格で既に行われていましたし。
耳のシールドに関しても旧シリーズは各種背ビレや象の耳、ライオンの鬣などはレーダーやEシールドなどの特殊装備がほとんどだったのに対してワイルドシリーズでは直接的な武器として使うのが主流になったのと合致していると思います。

ボーンとアーマーの一体に関しては、元々ゾイド自体フレームと装甲は一体成型が多かったり装甲も機体全体というより部分部分を覆う構造が主流でしたし(例えばガンダムとかは装甲でフレームのほぼ全体を覆うのが多いですし)この特徴を押し出せるのは四肢くらいという事情もあったのではと思います。

No title

>スサイド生田さん
ギミック面白いです。
遊び心にあふれているのがとても良いです。
続いてほしいですねー。
信じています!

>ネームレス Mk-II 量産型さん
遊び心、良い感じです。
アンカーは本当に嬉しいです。

戦象はまさにですね。
背中の籠もそれっぽいです。

>kaiさん
意欲作、チャレンジブルな精神にあふれていますね。

デザインは仰る通りですね!
王同モチーフと不気味な仕上げが今までにない。
この異種の間割合が味わい深さを出していますね。

背中のユニットの移植可能は凄いですね。
正直これは絶対に無理だろうと思っていました。
(だから原始ゾイドという新カテゴリーにしたのだと思っていた)
そしたらまさかの移植可能!
トミーのこだわりを見ました。

無毒モチーフから有毒ゾイドに というのは確かに史上初かも。
これも面白いことですね。
アニメではどんどん活躍しそうで、それにも期待です。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント