改造講座の付録ゲット!!!!

資料をゲットしました!!!
学年誌、小三88年11月号の付録です。


ビッグサイズの改造ゾイド製作講座ポスターです。


裏面もゾイド。これはうれしい。

コロコロの付録でもそうなんですが、たいていにおいて裏面はビックリマンとかジェニーとかビーダマンとかの別メディアである事が多い。
両面ともゾイドな付録はとても貴重です。

サイズはB2とかなりのビッグサイズ!
このまま壁に貼っておいてもけっこうな迫力だと思います。

さて見ての通りゾイド改造講座として、「バトスト作中に登場した名機を君の手で再現しようぜ!!」というノリになっています。
選ばれたのは4機種。

「ガブリエーレ(初級)」「デスドッグ(中級)」「デスバード(上級)」「ケンタウロス(超ハイテク)」

嘘こけどれも超ハイテクやろが! と突っ込みたくなるのはワタシだけかしら。


「ゴジュラスの胴体を点線にそって斜めにカットしよう」
で、でたー この時代のゾイド特有の間違っちゃいないけど間違ってるざっくりすぎる解説!
こんな説明じゃなかなか実行できんような……。 っていうか、カットしたのは丁寧な解説では。

メカ生体ゾイドの改造講座は割とこんなのが多い。
模型講座としてはどうかと思うんですが(正直)、でも、「バトストに出てくるゾイドが自分で作れるかも!」というワクワクした気持ちにさせてくれる意味ではとても嬉しいアイテムでもあります。

なお、講座としてはざっくり過ぎて不足があるのはその通りですが、そこには省かれている部分はトライするファンが想像し創意工夫するだろうという「信頼」があってのものです。
そういう時代でした。
ミニ四駆もタミヤの前ちゃん(ミニ四駆の看板キャラ)は専門用語をバンバン使っていたけど「分からないなら調べろ」という姿勢だった。
でもそれはふるい落としではなく、「好きなら出来るだろう?」という信頼です。
信頼があるからそれでOKなのです。互いに信頼があるのでこういうのでむしろ盛り上がっていた時代であります。

でも小学生には難しいだろーとはやっぱり思いますが!


ところで、これは小三88年11月号の付録です。
各機が登場したのはどの号か。

ケンタウロス:小三88年4、5月号
デスドッグ :小三88年5月号
デスバード :小三88年7月号
ガブリエーレ:小三88年8月号


です。全て88年に登場した改造ゾイドですね。学年は全て小三。
この付録は、この年度ずっとゾイドが好きで学年誌を購読していたキッズには何よりの付録だったでしょう。

なお、




小さな枠があって、そこにはジオラマの作り方などの講座もあったりします。
こちらの方は非常に丁寧な解説で、とても実用的です。

これは別の学年……小学五年生に掲載されていた記事です。
先ほどメカ生体ゾイドの改造講座はテキトーなのが多いと書きましたが、実は高学年の記事になるとぐっと具体的になっています。
昔の改造講座=全て大雑把なわけではないんですね。

ただレベルは非常に高くて、ホビージャパンとかモデルグラフィックスに乗せるようなレベルでは…という気もしますが。
もっとも、これもまた「好きなら超えて来れるだろう?」という信頼の試練なわけですね。
ゾイドの難度の高い記事は当事の空気と言えるのかな。


大きさがB2なので家庭用のスキャナでは取り込み困難。
そんなわけでコンビニで大判スキャンを使って綺麗にデータ化もしてきました。


ほれぼれ。


良い良い。

経年劣化や折り部分のハゲが多少気になりますが、できる限り最高の状態でデータ化できたのではないかと。
ということで資料のゲットでした。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

「嘘こけどれも超ハイテクやろが! と突っ込みたくなるのはワタシだけかしら。」
貴方だけじゃありません。一緒に突っ込みましょう、せーの
できるかーい‼︎
点線にそってカットって、ペーパークラフトじゃあるまいし…

No title

『できるかーい!!』

…ワタクシもレイさんに同調させて頂きました(笑。しかも、技術力の前に資金力が必要になっているという、小学生向け雑誌にあるまじき前提条件です。せめて、数名様でもいいので、改造用にゾイドプレゼント企画と連動するとかしてくれればいいのに(汗。

No title

>レイさん
ですよね(笑

ゴジュラスのカットは動力ボックスのちょうどモーターがある位置・・・・・・。
今の時代だと動画で解説も出来ると思いますが、当時はスペースの問題などで解説が極端に短くなったのかも。
時代といえば時代ですが、酷いもんです。でもそれを含めていとおしい!

>ネームレス Mk-II 量産型さん
ククク失敗すればまた新しいキットが売れるというものよ……

という戦略では決してなかったと思いたいところですが(笑)、難度は高すぎですね。
ゴドス、ブラキオス、プテラスくらいから挑戦したいところです。
いきなり電動超巨大ゾイドは勇気が超必要!
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント