37話感想追加2

前回までの感想でゼロ勢力、真帝国について書いたので、今日はレオ達について。

オメガレックス討伐に加わりたい気持ちがあるものの、今はそれ以上にやっかいな危機がある。
地球滅亡を回避するべく、リジェネレーションキューブの再起動に向かう事になるレオたち。
「自分たちにできることを頑張る」ってのは良いことですね。

そして気になるメルビルですが、なんとレオたち一行の預かりとなった。


ええええ、そうなるの!?
安定して出番が増えるであろう事は嬉しいけど、どういう判断だ、これ。
「帝国のためにどうか正しい裁きを」と言っていたメルビル自身もビックリしてるんじゃないかな。

これはフィオナ皇帝の指示でこうなったらしい。
強引ではあるが、「アイセル少佐の監視下に置く」という事にして無理やり押し込んだ模様。


かつてジェノスピノで反乱を起こしたシーガルは懲役500年を言い渡されていた。
真帝国が起こした反乱はジェノスピノ事件以上のインパクトだった。
事情があったとはいえ、真帝国皇帝であったメルビル。この事情を考えると、懲役1000年位は確実にいきそう。

いや、それで済まないかも。
ジェノスピノ事件は共和国首都を攻めるという内容だったので、「帝国のため」と言い訳が一応たった。
「暴走した正義だった」と言えば味方に回る層も一定数は出そう。
でもオメガレックスは帝国首都を襲った。これはもう一切の言い訳が出来ない重度の国家反逆罪です。

日本においては内乱罪は「首謀者は、死刑又は無期禁錮に処する」となっています。

罪を犯した場合、首謀者であるかどうかはとても重要です。もちろん首謀者はより重い罪に問われる。
帝国の判断ではランド、シーガル、メルビルの三名は首謀者と判断するんじゃないかな。

帝国が日本より軽い刑罰であるとは思えない……。
下されるのは死刑である可能性が濃厚……。

それをどうにか回避できないかとフィオナ皇帝が動いた結果なのかなぁ……。


「真帝国基地の情報を提供する」など、メルビルは現在とても貴重な位置にある。
とても協力的な姿勢でもある。
しかし、それをもってもギリギリで死刑を回避できるかどうか。無期禁固にもっていけるかどうか。それが精一杯でしょう。

フィオナ皇帝は、できればもっと刑を軽くする方にもっていきたい。
これは個人的な感情であり、同時に「でも本当にメルビルは利用されてた部分が大きい」と分かっているからでもある。

「真帝国の情報を提供する」以外にメルビルに功績を出させることはできまいか。それをもって刑を軽くすることはできまいか。

そこで思いついたのがレオ。
ギレルからもよく聞いている不思議なゾイド乗り。
ジェノスピノ戦では勝利の立役者となり、オメガレックス戦でもグラビティキャノンを撃ったのは彼だという。
しかも、リジェネレーションキューブの端末再起動まで可能だという。
この奇跡の少年の側にメルビルを置いておけば何か奇跡を起こしてくれるかも……。
また同時に、キューブを追えば育ての親ランドと会う機会も出よう。そこでメルビルの願いが叶う可能性も。
そんなわけで強引にねじこんだ……のかなぁ。と思いました。

無理やり気味な解釈ですが、どんなもんでしょうね。
しかし実際、メルビルはさっそく役に立ってくれました。


ジャミンガを退ける!

現在は(当然ではあるが)リュック隊長からの心象はよろしくない。
ですが、今後は徐々に信頼を得ていくでしょう。
そしてリュック隊長はメルビルの強い味方になるかも。


フィオナ皇帝の思惑では……、メルビルがレオたち一行に大きく貢献する=地球崩壊を防ぐ立役者になる。
同時に真帝国の真の首謀者であるところのランドやシーガルを捕える。特にシーガルを捕えて尋問しメルビルを利用した事を自白させる。
こうして最大限にメルビルにとって良い判決が下るようにしようとしているのかも。


レオたち一行は今回はリジェネレーションキューブ端末の再起動に成功。
ひさびさの勝利でした。

現在は地球の危機を救うべく再起動をして回っているんですが、既にランドは幾つかの端末を紫に再起動した。
これって……、多少紫に再起動されても「正常に再起動した数が圧倒的である」であればOKなのかな。紫の再起動数が少なければ多少のノイズが入る程度で大筋では正常になる、と。


しかし今回の再起動はメルビルが居なかったらやばかった……。ジャミンガに邪魔され失敗していた可能性もあった。

ちょっと思うんですが、いつもいつもジャミンガに邪魔されてる。
ジャミンガの脅威が高い割に、皆その危険性をあまり意識していない。
護衛にせめてラプトリアを連れて行くなどした方が良いんじゃないかなぁ。

もっとも今後はメルビルが居るから安心になりそうですが。
メルビルは今後は生身でゾイドを操るポジションになるんだろうか。
ゾイドに乗ってもいいと思うんだけどなー。

来週は野生ゾイドが一杯登場するんですよね。
カブター、アンキロックス、そしてデスレックスまで!


いっそ捕獲して乗機にしてもええんやで……というのは冗談ですが、来週はどういう展開になるのか全く予想できません。
楽しみです。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

メルビルは、何だかんだ言って、皇帝の意向が強く働いているのでしょうね。
首謀者はランドとシーガルで「事実上の御輿」だったのは上層部は判っているでしょうし、前皇帝の血縁ということでどう処罰するかは悩ましいところだと思うので、ランド討伐に協力させることを事実上の司法取引(ということにフィオナがした)かもしれません。

そして、今回も「破壊指令」と言いながら偵察(しかも失敗)だったサブタイトル詐欺と、次回予告であれこれネタバレという、ワイルドZEROの様式美も健在。デスレックスもですが、アンキロックス対ディメパルサー(曲竜類と哺乳類型爬虫類!)がウルトラマンの怪獣島のようで予告編だけで胸熱です。

しかし、6500万年前にゾイドコアがあるというのは、惑星Ziへの移民と帰還という前提条件をひっくり返すのでは…。むしろ、ワイルド無印の設定に回帰するのか?

(@_@)来週を刮目して待ちます!

No title

皇帝の意思は強く働いているでしょうね。
でないとあんな風にはならない・・・。

「前皇帝の血縁ということでどう処罰するかは悩ましい」というのはその通りでしょうね。
そう考えると、強引にねじ込んだものとはいえ、なかなかバランスをとった良い配置だったかも。

タイトル詐欺は確かにw
もはや安定ですね。
でも稀に詐欺じゃないこともあるので常にドキドキします。

6500万年前の情報、やばすぎますね。
どうなるんだろう。
超注目回になりそうです。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント