フランツ

先日のフランツの記事について予想以上に多くのレスを頂いて驚いています。
今回は同疑問に対してもう少し補強しつつ疑問を整理し進めたいと思います。



一連の流れで疑問点を整理すると


手持ちミサイル(極小サイズ)で大型重装甲のゾイドを撃破できている。
しかも正面から撃ち角が吹き飛んだ。


共和国軍守備隊がその事に疑問を持っていない。


ヘリック大統領が直接会う事を求めた。

以上の3点をすべて解決する必要があります。


①だけなら簡単です。
この行為は帝国軍の自演なのでレッドホーン側にあらかじめ自爆プログラムが仕込まれていたと考えるのが良いと思います。
フランツのミサイルが着弾するタイミングにあわせて自爆すれば良いというわけです。

しかしこれでは②につなげる事が難しいです。
今作戦ではレッドホーン撃破後において共和国軍に怪しまれない必要があった。
怪しまれればスパイかとバレる事になり作戦は失敗する。


では装甲の継ぎ目やコックピットハッチなどのわずかな隙間を狙えば小威力の武器でも破壊可能ではないか。
この可能性があれば②を解決し(あいつスゲえ射撃の腕してやがるぜ)、更にそんなピンポイント射撃を瞬時に行える兵士とあれば③ヘリックが会合を求めても不思議ではないかもしれません。

いやしかし私はこれはちょっと疑問でもあります。
実際に出来るかと言えば、以下の例で想像してもらえれば分かりやすいと思います。

敵としてドイツ軍重戦車であるところのティーガーが攻めてきました。これを97式中戦車チハに乗って迎撃しよう。
この状況で倒せたら、味方は「やった、あいつは凄い戦車兵だ」というより「え・・・なんで?」ってなるんじゃないかと思います。
戦場では兵士は奇跡に期待せず自軍装備の威力や敵の防御力を冷静に判断しているものなのです。

唯一キャタピラを撃ち抜き行動不能にせしめたのなら納得できるのですが、レッドホーン撃破の描写を見ると角を吹き飛ばしている=真正面を破壊したという事です。
「一発目で脚のキャップを破壊・行動を止める、すかさず移動し次弾を発射・口の中に撃ち込み内部で爆発させる」とかなら破壊できなくもないかもしれませんが、そうじゃない。
いきなり正面を突破した、ここが問題です。
(逆に側面・上面・下面などならそうした弱点があってもおかしくない。現にレッドホーンも上部には巨大な排気口があるのでここに爆弾でも落とせば小型でも深刻なダメージを与えられるだろう。だがこれらの面はそもそもめったに当たらないから多少の弱点があっても許される。最も被弾しやすい正面が隙だらけというのは考えにくい)

この例で言うと97式戦車の主砲でティーガーの正面装甲を突破したという事です。
兵器とはそんなに脆くはない。もちろん弱点はどうしてもありますが「正面」が脆いのは考えにくいと思います。

戦闘機械獣のすべてには、「歩兵が持つ武器もあなどれないやっかいな装備だ」というような記述はあります。
またバトストでは機関銃をゾイドに向けて放つ勇ましい兵士も居ます。
いやしかし、それでも歩兵装備でゾイド、まして大型の破壊は難しいと思う。
戦闘機械獣のすべての描写は「歩兵装備としては最大級の大きさの重機関銃等を使えば、ガリウス~ハイドッカー程度の骨ゾイドには効果がある」という解釈をします。
バトストの勇ましい兵は窮地に陥れば効かないと分かっていようが撃ってしまう追い詰められた心理だと思います。

もしも歩兵装備程度でも狙いさえ良ければ大型ゾイドに効くのなら、ゾイドの装備はもっと違った形になっているのではないかと思う。
大砲よりも歩兵装備と同程度の小型砲を無数に装備した仕様になっているんじゃないだろうか。
ゾイドの装備が大型強力なのはやはりそうしなければ倒せないからだと思う。

上では97式戦車チハとティーガー重戦車で例えました。
しかし歩兵とレッドホーンならこんなもんじゃない更なる絶望的な戦力差があります。
レシプロ機を積んだ商船改造空母とF/A-18を積んだ原子力空母ニミッツくらいの差じゃないかな。


以上の点から歩兵装備で大型ゾイドを倒す事は極めて難しいと思う。
偽装はバレないように自然に行う必要があります。

そこでコアを内蔵したミサイルという案です。
コアの持つエネルギーは繰り返すまでもないでしょう。

バトスト3巻の時代だから、この時代は既に余剰機たるガリウスやグライドラーを転用します。
これは外道兵器です。
「戦闘ゾイドもコアミサイルも兵器だから同じ」というのは通用しない。
なぜならコアミサイルは生還を一切期さないからです。その代わりに大威力を持ちます。
一機一艦をスローガンに爆弾を積んで体当たりをした特攻のような運用だからです。

一切の情を排除するとすれば有効な装備たると思います。
生体兵器であれば数に限りはありますが、小型ゾイドのコアで大型ゾイドを葬れるとすれば十分な数と言える。大型ゾイドの数は小型ゾイドより遥かに少ない。
しかも「戦闘兵器化されたゾイドは子孫を残せない」とすれば、せめて戦争で「有効活用」するならどうかという考えに行き着いても不思議ではない。

とはいえこれは一切の情を廃した考え。実際に大々的に運用すれば軍内で士気が低下するでしょう。いかに威力があろうとも、人は感情の生き物です。
また民に知れれば大変なことになるのは必至。
そこで運用は極秘に一部の信頼できる指揮官クラスの兵士とその部下に託される…。


フランツが用いたのがコアミサイルとすれば、レッドホーンを撃破する事は可能と思います。
しかし「一部の兵士しかコアミサイルの存在を知らない」とすれば②の問題が発生します。
その時点で共和国軍は怪しむだろう。
なのに撃破後、「なんであいつレッドホーンを倒せたんだ・・・?」「あやしい」とはならず、信頼されたのは何故か。

私は、この共和国守備隊の部隊長が「コアミサイルを知っている兵」だったと推測しました。
沸きあがる隊員たちの疑問。しかし部隊長が説得をすれば、「部隊としては納得」せざるを得ない。

このとき、部隊長は「あいつコアミサイルを使っていた……。これは機密漏えいを防ぐべく調査をする必要があるな。ヘリック大統領にも報告だ」となる。
そして報告を受けたヘリック大統領は「コアミサイルの存在は公になってはいけない。この兵の調査は私自らが行い、また漏洩せぬように直接の勧告もしよう」と考え会合を希望したのだと思いました。

帝国軍はフランツを共和国軍に忍び込ませた。
だが考えてみよう。「どこから忍び込ませるか」を選んだのは帝国軍。
どこでも良かったわけではなかろう。やはり潜入に最適な場所が入念に調査されそして実行されたはず。
事前の調査により、どうもこの部隊はコアミサイルを運用している(あるいは少なくとも部隊長がその存在を知っている)…そんな部隊が見つかる。
そしてそこにフランツが挑んだという解釈です。


もう一つ、我々はもう一つ大きさに比して異常な高威力を持つ砲を知っています。
1200mmデストロイヤーキャノン砲。5000機の敵ゾイド部隊に向けて発射、結果として
・着弾地点から半径3キロ以内にいた300機:消滅
・その外3キロ(半径6キロ地点)以内に居た700機:爆発炎上
・更にその3外キロ(半径9キロ地点)外にいた800機:大破
・以下:中破:1500機,小破:1200機

合計4500機のゾイドを損失ないし破損し戦線を離脱させるという1機(正確言うと支援機含めて3機)で5000機に勝つという凄まじいまでの戦果…。
「核」とも噂されていますが、特に一帯が汚染された雰囲気もないので違う気もする。

まあこの戦闘は現在ファンブックにある記述をそのまま信用するかというと疑問もあるのですが(1200mm砲の射程は100kmなので敵の少なくともアイアンコングの長距離大型ミサイルの射程内であるし様々な角度から改めてみる必要はあると思う)、単純にホントにこのキャノン砲の威力がそうだとすれば、もしかするとこのキャノン砲の砲弾にもゾイドコア・・・しかも大型ゾイドのコアが仕込まれている可能性を感じます。

「ゾイド乗りの戦い方ではない」という手紙もこれを指しているのかもしれない…。

ちなみに大型ゾイドのコアが入っているとすれば、「この時代に生き残っていて」「大爆発を起こすエネルギー量を持っていて」「しかも戦闘用に使われていない」という三つの条件をクリアする必要があります。
ウルトラは一機しか残っていないからダメ。ゴジュラスも主力戦闘ゾイドだからダメ。ゴルドスも重砲部隊として貴重なのでダメ。シールドライガー以下はエネルギー量が不足。
とすればあれしかない。ゾイドマンモス。
砲弾はマンモスのコアだったのかも…。

とか最後の方はちょっと暴走した妄想になりましたが、そんな風に考えても面白いかもと思っています。

帝国ゼロ

ライガーゼロの帝国版を描きました。


7月にはHMMでも発売されますね。
備えよ!

イクスも。

イクスが発売されるかどうかに注目しておられるユーザーも多いのでは。
帝国ゼロはタイプゼロ形態ではあまり活躍しておらずイクス形態でこそ活躍した印象が強いので是非とも実現してほしいです。


イクスが発売されればバトストゾイドも勢い付くかも。
イクスは色を塗っていて青いのにちゃんと帝国機にみえるのが凄いなあと思いました。
脚部が貧相なのがちょっと気になるんですが、やっぱりカッコイイな。

オマケ

ウルトラザウルスを新世紀版の色で塗りました。
これは例の巨砲形態を再現する下準備です。


とりあえず砲身だけ描いたんですが、うん、共和国軍何考えてんねん・・・っていうサイズ。
こりゃあ砲全体を描くと大型ゾイド一機描くより労力がかかりそうだ。
ディティール量もなかなか多いし。

デストロイヤー砲は発売を検討されたが費用がかかりすぎるので実現しなかったそうです。
実現していればゴジュラスより高くなっていたんじゃないだろうか。
二門あるしなあ。

そんな感じで、これは余裕のある時に進めつつ完成させればいいなと思っています。

プロトタイプガイサック

今日もグランチュラのバリエーションを。
今回は箱裏作例を再現しました。
グランチュラの箱裏作例は3種類あります。なかなか興味深いものもあります、

その1


なにやら後部に装備が足されています。

その2


その1の発展型と思われる。
尾部が更に伸びています。

この二つはおそらくガイサック開発に先駆けて行われた実験機ではないだろうか。
尾部を付け、そしてそれを伸ばし…だんだんガイサックに近づいているのがとても興味深いところ。

作例から開発史を読み解くのが大好きですが、ことグランチュラとガイサックの関係は箱裏の素晴らしい作例で大いに補強できるのでステキすぎます。

ただここまでは良いのですが、残る一つがちょっと謎の仕様…。
その3


なにやら上部にデカい装備が足されています。


んー・・・・・・・・、なんぞこれ。
キャラメルマンかピラフマシンみたいなのを背負ったグランチュラ・・・・。

まあ初期なのでいろんな改造をして実験していたのかな・・・?

開発史を盛り上げる1,2の作例、そして何が何だか混乱しちゃうような3の作例が同時に載っているカオス具合もまた初期ゾイドの魅力です。

グランチュラの改造バリエはまだまだあります。
残りもいずれ。

グランチュラのバリエ

グランチュラの改造バリエを描きました。
本機のバリエはこのクラスとしてはかなり多めです。バトストではあまり活躍していないのですが、改造バリエという意味ではかなり優遇されているといえる。
そういえばスタッフの方はグランチュラが好きだったそうです。
機獣新世紀ゾイドが始まる少し前に東京ゲームショーで公開された映像にはグランチュラが登場します。
バリエーションの多さは愛されているゆえかも。

本日はまず2種類。

エリゴーン

学年誌にのみ登場。
頭部をゴドスやガイサックの指揮官機用タイプに換装している。
背中には通常コックピットとロングレンジガン&レーダーがある。
ログレンジが&レーダーは両側についています。
ロングレンジガン×2というと、このクラスとしてはなかなかの大火力。
しかもレーダーや砲手がいる事で命中率もかなりのものでしょう。

多分ガイサックが量産され機種改変になる過渡期において登場したバリエーションと思われる。
ガイサック本体の生産がやや遅れ気味。ただし各種装備や新型コックピットは順調に生産されていて工場に眠っている。
それなら先に使える分から使ってやろうという事情から生まれた仕様と思います。

エリゴーンという名前は語源が不明です。
ものものしい名前をつけるほどの改造ではなく簡易な現場的な範囲だと思うんですが、んー。
しかし非力なグランチュラが大火力の期待に生まれ変わったのだからこのように呼ばれたのかも知れぬ。

本機は順当な近代改修タイプだと思いますが、次第にガイサックの生産が軌道に乗った事で機種改変され消えていったと思われる。
ときに再現は極めて容易ですね。
ガイサックまたはゴドスから一部部品を持ってくれば良いだけ。ちびっこユーザーの改造意欲を刺激するバリエでもあります。


作業用クレーン車仕様

背中に巨大なクレーンを持っています。
本機はバトストにも学年誌にも出てこない。
「スターログ」という雑誌に突発的にゾイドが掲載される事があったのですが、そこにのみ登場した。


「ゴジュラスは共和国軍最強ゾイドだ」的な紹介なんですが、よく見ると後方にクレーンを装備したグランチュラが確認出来ます。
とても小さなコマで形状も良く分からないので、「クレーン車である」という部分のみ取り入れつつ独自に線を引きました。


色は作業用を思わせる黄色。
かなり背の高いクレーンを持っていますが、これはゴジュラスの建造を想定しているからと思われる。
ゾイド建造にこのようなメカが使用されるというのはいかにもゾイド星っぽくてステキ。
ただグランチュラだと余り重い荷物は任せたくないかな…。
特に高い位置に吊り下げようとすると、こけそうでもある。
それでも中型ゾイドの建造程度になら大きく貢献しそう。
グランチュラ完成後は、余剰機がこのように活用された例も多いと思います。

残りの種類は順次!

フランツのミサイル

生身でゾイドに勝てる唯一の男、それはフランツ。


「手持ちミサイルのフランツ」は有名だと思います。
常人では持ち上げる事さえできない巨大なミサイル発射機を軽々と担ぎ、そして発射する。
その様は凄まじいインパクトを残しました。

フランツのミサイルと言えばレッドホーンをぶっ飛ばした一件が印象深いのですが、これって今にして思うと凄いなあと思います。
というのも、フランツのミサイルは人と対比しているからこそ巨大に見えますが、実のところ所詮は人が担いでいるのでゾイドと比べると超ミニサイズである。


だいたいこの位になると思う。フランツの上の赤いのはミサイルの大きさ。
こんなに小さい。

たとえばバリゲーターのミサイルでレッドホーンを撃ってもさしてダメージを受けないと思います。
いわんやフランツのミサイルのサイズでは傷一つ付けられないだろう。

なんであの時の共和国軍は「あの男、手持ちミサイルでレッドホーンを倒しちまった!!」と信用したんだろうなぁ…。
レッドホーン自体は演出の為に「自爆」させられたのだと思いますが、共和国軍が本気でフランツがミサイルで倒したと信じたのはお粗末だなあと思ったりもします。

まぁ、フランツが撃つ前に共和国部隊も攻撃を加えていただろうから「その時点でレッドホーンの装甲はだいぶ弱っていた・トドメをフランツのミサイルが刺した」と判断したのかな。
この直後にヘリック大統領がわざわざ直接会いたいと言った事から、共和国軍は完全にフランツを信じていた。

しかしあえて、フランツのミサイルはこんなサイズだが大型ゾイドを倒す威力を持っているという仮説でも考えてみよう。

もしもフランツのミサイル一発だけでレッドホーンの装甲を貫くなら、どのようなミサイルなのだろう。
「炸薬の代わりに小型ゾイドのコアを仕込んだミサイル」
これならどうか。
着弾の瞬間にコアは爆発する。
爆発力は凄まじいだろうから、レッドホーンやマンモス程度なら破壊できなくもない・・・と考えられるかもしれない。
この時期に既に旧式化著しいガリウスやハイドッカーなどを「有効活用」するような。

そういう外道兵器もゾイド星には存在するのだろうか…?
ただしそういった装備を多くのゾイドに標準装備にすると兵の士気が下がりそうだし、国民の支持にも影響しそうだ。
なのでフランツなどの一部の限られた秘密を守るであろう兵士にのみ託されたのであった……のかもしれない。
(フランツはエリートである)

こうした外道兵器は無いと信じたいところではありますが、共和国軍はアクアドンとフロレシオスを損失前提で大量に囮にした事があるし、大陸間戦争では中性子ミサイルまで登場しているしなぁ。
こういう方面からゾイドを見ると…また違った掘り下げができるかもしれない。

ウルトラな歴史

メカ生体時代のウルトラザウルス改造機がコンプできたので開発史を考えつつ一覧にします。

試作機

バトスト1巻などで確認できる。
制式機との差は少ないが、胸部ミサイルポッド/魚雷発射菅が制式機8連装に対して10連装である。
この時期は小型ゾイドがどんどん強力になっていた時期。
10連装では威力不足だったので弾頭をやや大型化した8連装に改められたと思われる。

またキャノン砲砲身が肉薄に作られている。

左が試作機、右が制式機の砲身。試作機が肉薄であることが分かる。
砲身命数が短く後に改めたと思われる。

制式機

試作機に調整を加えて完成した。
胸部ミサイルポッド/魚雷発射菅が8連装に、キャノン砲砲身が肉厚で砲身命数の長いものになった。
こうして完成したウルトラザウルスは大活躍をみせゾイド戦史にその名を馳せた。

寒冷地仕様

背中に寒冷地対応用ユニットを付けた仕様である。
本来は寒冷地を苦手とするウルトラザウルスを極寒地でも活動可能なまでに温める。
同ユニットは、ザブリスキーポイントで多発する謎の失踪事件の解決の為に応急的に開発された。
その為、機能面は十分だが防御力は皆無である。
極寒地で運用中に撃ち抜かれれば、たちまちウルトラザウルスは行動不能に陥ってしまうだろう。

対空能力強化型

背中の飛行甲板に大型の対空ユニット”ゲパルト式対空砲”を付けている。
飛行甲板は使用不能になりビークルやプテラスの発着機能は失われた。
シンカーの攻撃を想定した仕様で、能力は想定通りを発揮した。

だが空襲への備えとしては大型対空ユニットを付けるよりプテラスを搭載した方が効率が良かった。
その事から優秀な能力を持ちつつも数機が生産されただけで終わった。

ゲパルト式対空砲ユニットは後の時代に改良されたうえで改造ディバイソン「ヘッジホッグ」にも搭載された。

レーダー小改造機

破損したレーダーや一部装備を現場部隊が改修した仕様。
このような小改造機は各部隊でみられた。

ヘリック大統領専用機

ヘリックの乗機である。全軍を統括する総司令官機として、通信力が大きく向上している。
見えざる部分では、居住性も大きく向上している。カラーリングも豪華さがある。
本機は大統領専用機として大々的に宣伝された。その事から共和国市民は元より帝国軍にも存在が知れていた。

共和国軍はそれを逆手に取り、ヘリック大統領専用機の”偽者”を配備した事もあった。
偽物機は外観は全く同じだが居住性などは幾分劣ると思われる。

空母仕様

フロレシオ海開戦に向けてプテラス搭載数や整備力を向上させたタイプ。
10機のプテラスを完全に整備・補給する能力を持つ。
一方、砲力は半減した。といっても帝国軍の海戦用ゾイドに比べれば圧倒的優位を維持している。
その能力でフロレシオ海開戦を勝利に導いた。

MK-IIタイプ各種

ウルトラザウルスに更にキャノン砲等の火器を増設したタイプ。
現場に応じて運用された。
またフル装備の仕様は煌びやかな外観も相まって共和国軍でプロパガンダ的な広告にも広く使用された。
(フル装備の仕様はグレートザウルスといいNEW改造セットのパッケになっている)

ビッグマザー

ニカイドス島上陸作戦に向け、マッドサンダーを輸送可能なように大改造された特殊仕様。
実に200機以上のウルトラザウルスが本タイプに改造された。
その能力で見事上陸作戦を成功に導いたが、その後に登場した暗黒軍デッド・ボーダーを前に大損害を被った。
生き残った機は、その後の活躍がみられない事からノーマルタイプに戻されたと思われる。

ウルトラザウルス飛行艇

中型ゾイドを三機程度搭載して空輸する事ができる輸送機仕様。ノーマルタイプよりも大型化している。
タートルシップに比べれば輸送量は低いが、速度面や武装では上回る。
敵地上空などのタートルシップでは墜落が避けられない地帯では、まだしも小回りの効く本機が運用された。
一説にはビッグマザーからの改造機とも言われている。

輸送潜水艦仕様

海底基地への物資運搬を目的に開発された仕様。キングゴジュラスの建造を支えた。
本機をなくしてキングゴジュラスは完成しなかった。
キングゴジュラス完成直後に暗黒軍部隊に発見され被撃破となった。


以上。
全体的にみると改造機はどれも活躍している印象です。
空母仕様、ビッグマザー、輸送潜水艦仕様など共和国軍にとって極めて重要な作戦や戦いを勝利に導いたのは偉大だなと思いました。
ウルトラザウルス飛行艇が三機のキングライガーを運んだ一件も、激しい対空砲火の中を飛び正確にキングライガーを投下しているのだから大した物です。
(作戦自体は全て想定どおりに進みながらもギル・ベイダーがバケモノすぎたのが共和国にとって痛かった)

ウルトラザウルスは第二次中央大陸戦争後期頃からやられシーンが目立ち大陸間戦争では完全なやられ役でした。
暗黒ゾイド登場→ウルトラ「なまいきなチビめ。俺が倒す!」→なんとあの小さなゾイドがウルトラザウルスを倒してしまったではないか。
これ定番…。
しかし改造タイプはいずれも活躍し重要な作戦を成功させていたのだなあ…。ちと今回ウルトラザウルスを見直しました。
子供の頃、私がゾイドを知ったのがちょうどウルトラザウルスのやられシーンが多くなる時期で…、だから余りいい印象のないところもありました。
だけど大いに改める必要を感じました。

カラーリングは実に保守的というかほとんどノーマルのままで、ハデハデなのが多いゴジュラスと比べると何とも地味だなと思いました。
でもウルトラはやっぱりノーマルカラーが似合うなあと思いました。
そんな軍艦っぽい黒を保っていたウルトラが新世紀では銀になったのは衝撃でした。
新世紀ウルトラ…。
ここまできやたせっかくなので1200mmなあれもやってしまいたいなあと思う所がちらほら。
そんなに鮮明じゃないけど電ホビに真横からの写真も掲載されていたので近日やってしまうかも。
あぁー、しかしこれをやってしまうとゴジュラスの方も用意したくなるなぁ。

小型格闘王

ゴドスのバリエーションを描きました。

アーマードゴドス


学年誌に登場したバリエーションです。
頭部にアンテナ、肩に三連装ロケット、脚部に装甲、背中にウイングを背負っています。

名称はアーマードゴドスですが、別の号ではホッピングワラビー(カンガルー型)と書かれていたりもする。
ゴドスなのかカンガルーなのかワラビーなのか。
足の裏が大型化しているので砂漠等でもよく動けるとの事です。

次、
戦闘機械獣のすべてに登場する増加装甲タイプ

名称不明。胸部と脚部に増加装甲を付けています。
それ以上の情報は無し。
最規模な改造機ではないので、現場で応急的に行われたのだと思う。

次、
History of Zoidsに登場する増加装甲タイプ

こちらも増加装甲タイプですが、戦闘機械獣のすべてのものよりは手が込んでいるかな・・・?
手も換装されていますが詳細不明です。何故か細くなっている。

劇中ではモルガ・ゲルダーVSゴドスの戦いが発生し、ゴドスがモルガを撃破するもその隙にゲルダーが狙いを定めた。どうなるゴドス!?という感じでした。
結末は描かれず。

ゴドスのバリエはこれにてコンプできた・・・・と思います。多分。
今回紹介した増加装甲タイプはいずれも地味な改造機ですが、主力歩兵なだけにこうしたバリエは各現場で無数に存在すると思います。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント