FORやりました

ゾイドFORを先週金曜からプレイしているので、現時点での感想などです。
内容は改めてアンケ(PC用スマホ用携帯用)の方でも投稿しようと思っているのですが、とりあえず現時点での事をささっと。


さてゾイドFORですがグラフィックはとても良いですね。ゲーム中ではトミー初代キット版が忠実に再現されています。
ゾイドFORは宣伝ムービーはMP、販促チラシはHMM、ゲーム本編は初代キット基準ですね。
これを統一がないと思うか色んなモデルを全て活用していると捕らえるかは各人次第かなー。

グラフィックに関しては、スマホゲーでここまで作れる時代かと関心しています。
良い感じにモデリングされた3DCGがなかなかぬるぬる動いています。
もちろんPS4なんかと比べると荒いんですが、それは当然です。ですがスマホの小さな画面の中だと十分に綺麗です。


グラフィックといえば、これはゲームの中身でもあるんですが、作中に出てくるカスタマイズ用の武器が「これは!」なものばかりです。

これはCP15アサルトガトリングユニットですね。
CP各種や各ゾイドの武器が幅広く大集合している感じ。かなりマニアックに網羅されています。
武器類も細かく的確に造形されていて嬉しい。
こうしたマニアックな武器の数々が見れる/使えるのは良いですね。
これは大きな魅力。願わくば武器解説を収録した図鑑モードとかもあれば良いのですが。

ゾイドのカラーバリエーションなんかも豊富に用意されているようで、その辺りも良いですね。
この調子で改造ゾイドなんかも出してくれば嬉しいけど、それは厳しいかなあ?
現在は超大型ゾイドはデスザウラーのみですが、同程度の火力を持つ機体として1200mm砲を付けたウルトラザウルス・ザ・デストロイヤーとかが出たりすると燃えそうなんですが。
プレイヤー側の機体でいうと、ディバイソンをビッグ・バッド・ジョンに改造するパーツとか。
マニアックな方面で特化すれば、それはそれで邪神復活ジェノブレイカー的な評価はされそうな気もする。
いやいややっぱり中身でも評価されるものであって欲しいというのは当然なんですが。


ゲームについて。
ゲームについては、初回起動時には世界観の解説があった後にゲームが始まります。
世界観の見せ方や案内人「アン」の口調はとても良い感じ。全体的に哀愁のある感じで雰囲気があります。
曲も良い感じ。勇壮でいてどこか悲壮で死地を求めて戦うパイロットというかそんな印象を受けました。
と、ここまでは良かった所なんですが…、

チュートリアルの部分は噂通りあまり良くないなーと思いました。
致命的なほどではないにせよ、気持ちよくプレイできる事にはあまり貢献できていない感じ。
この点はアップデートで改善できるはずなので優先的にやってほしいかなぁ。
操作面も面倒な部分が多くて快適なプレイ感覚を阻害している感じがする。

バトルは、うちの機種がスペック低いからかな? ちょっと動きが遅い感じ印象です。
最初に与えられるのはコマンドウルフですが、高速機にしては遅いかな…ゴルドスかレッドホーンだとこれ位で良いのだけどなぁ…という印象でした。
モーションなどはとても良いので、ある意味では低速だからこそ動きがよく見えて良いという面もありますが…。
んんんー、ちょっともっさりした印象。スローモー。もう少し速くても良いかな?
聞くところによるとシールドライガーはコマンドウルフよりも遅いらしい。んー、そうなのか。それは大きな問題かなあ…。

全体的にもう少し自機の移動スピードを上げないと爽快感に乏しい気はします。
あと攻撃をもう少し派手に当てやすく、ヒットさせた時のエフェクトも派手な方向で調整して欲しいかな。
そうするとだいぶ爽快になると思うんですが。

各機の個性ももっとつけて良いんじゃないかな。
ゴルドスはもっと遅く。でも火力は105mmキャノン砲があるから高く。レーダーがあるからホーミングの性能も良く。
シールドライガーはとにかく早いけど火力はノーマル状態だと低い。
というような個性が際立っていると、マニアックに用意したカラーリングや武器パーツがより活きると思う。


ゲーム的には小型ゾイドが強い!
これらの敵小型ゾイドはいちいち戦っていると体力を減らされるし時間がかかるしあまり良い事はない。
本ゲームは、敵基地を目指す道中で出会う小型ゾイドを倒す”戦術的目標”よりも、敵拠点を制圧するという”戦略的目標”をいかに早く達するかが重要で、これはなかなか面白いシステムだなと思いました。
こういうのがMOBAというジャンルの魅力なのかしら?

バトルはまだ慣れていないので苦戦しつつやっていますが、味方小型ゾイドを上手く利用するのが鍵というのが徐々にみえてきました。
この辺りのレビュー的なものはやりこみ後に書きたいです。
いやしかし今の私には実は切実な問題が発生したりしました。
今現在はチュートリアル的な一戦を終えて、ゾイドを改造した上で行うチュートリアル二戦目をやっています。
で、うちの機種のスペックが低いからか、この戦闘の途中で必ず落ちてしまいます……。何度やっても…。
通信エラーとかじゃなく特定の位置でよく落ちるので処理できずに落ちている感じがする……。
うちの機種は対応していたが遊べるギリギリのスペックだったのか…。

んんんー、低スペック機だから仕方がないのか。いやこの点も含めてアップデートに期待というか切実に願うと言う感じの現状です。
(途中で落ちるけど)何度もやっていると少しずつ上手い戦い方が分かってきたので、動作が安定すれば続けたいんですが。


とりあえず現状としてはまだ深くレビューできる域に達していないというのが状況なんですが、よく聞こえてくるアイテムのコンテナがなかなか開かない問題とかも出来る限りは対処されると良いなぁ…。

2巻なくなりました

バトリサに関してです。
本日、問い合わせを頂きましたので、残数が変化しました。以下にお知らせします。

2巻については在庫がなくなりました。ありがとうございます。
その他は在庫があります。

1巻:1冊
3巻:9冊

です。
これらも先着順で受付しておりますので、気になる方は早めにお問い合わせをお願いいたします。

以上、お知らせでした。

バイソンズ

--------------------
97回アンケに寄せられた回答は来た分から随時UPしていきます。
結果ページはこちら
22日22時までに来た分を反映・更新しました。
アンケはまだまだ募集中です。
PC用
スマホ用
携帯用
--------------------

ディバイソンのバリエーションを描きました。

ディバイソンコブラです。
対ギル・ベイダー用に超強力大型ミサイルを積んだ仕様。
ディバイソンらしくて好きな改造です。
ギル相手に放ち直撃弾を与えるも決め手にはならなかったというのもディバイソンっぽいかな…。


色は改造ゾイドらしく派手ですが、そこまで煌びやかなわけじゃなくてミリタリー感のある範囲にまとまっていて好きです。

さてディバイソンコブラに似た改造機がもう一つあります。


ダブルバイソンです。
ディバイソンコブラからミサイル類を撤去した感じの仕様ですが、これは…、


「ダブルバイソン」の名の通り、背中に小型バイソンであるところのカノンフォートを載せています。
輸送仕様なのか?


バトストにはこちらの方が早期に登場しました。
モデル的には、ダブルバイソンが再利用されてディバイソンコブラになっています。
コチラの記事も参照。

バトスト的には、んー…、老齢で戦闘に耐えられなくなったディバイソンを輸送用に転化したのがダブルバイソン。
老齢機ゆえもはや突撃戦は出来なかったが大型で安定性は高いから後にミサイルの発射台的な運用に転化されたのがディバイソンコブラ…とでも解釈すれば良いのかな。

ダブルバイソンはともかくコブラの砲がとても好きな改造バリエーションです。
ビッグ・バッド・ジョンと並べると特に見栄えが高そうに思えます。

水陸両用

ゴジュラスの改造バリエ

History of Zoidsに登場する「水陸両用仕様」です。

背中にシュノーケルを、尾部先端にヒレのような装備を付けています。
その他武装配置がわずかに変わっています(尾部先端の砲が付け根に、付け根の砲が背中に移動した)。

シュノーケルはおそらく伸びるんじゃないかな。
これを水面に出して空気を得るとすれば、現在のものでは短い気がする。
しかしシュノーケルという事から考えて、「水陸両用仕様」というものものしい名前ですが、実質的に言えば「渡河仕様」といった感じじゃないだろうか。


迷彩がすごい事になっていて塗るのが大変でした。

なお本仕様はなぜかJr.ゾイド版ゴジュラスのパッケージに登場しています。


何故ここで使われているかは謎…。

実はトミーのお気に入り改造バリエとか?

さて渡河仕様といえば、戦車の多くも「潜水キット」を装着する事で橋がない所でも川を渡る能力を得る事ができるそうです。
日本の74式、90式戦車もキットを付けて2m程度にまで潜れるらしい。
ヨーロッパの方に行くと深い河が多いので4m程度の深さでも大丈夫なものも多いそうです。

いやしかしそれらはせいぜい対応できる限界が2mとか4mなので、20m級の高さのゴジュラスにシュノーケルを付けているというのは凄いなぁ。
この高さがあればたいていの河川はノーマルのままで渡れそうなんですが。

んー・・・、いや、もしかすると川じゃなく海での運用を想定しているのかな・・・?
ウルトラザウルス完成前の時期において、海戦に対応させようとした仕様だったりして。
あるいは、中央大陸周辺の島々に自力で移動するための仕様。
(通常は輸送船などで運んでもらう必要があるので手間だろう)

デスザウラーはバトスト3巻を見ていると海上航行力も(ウルトラザウルスなどと比べると甚だ劣るものの)あるようなので、似た体形をしたゴジュラスもある程度の距離ならば航行できるのかもしれない。そしてその能力を少しUPさせたのが本仕様なのかも。

アンケ結果随時UP中

97回アンケ開催中。
そして今回はいつもと違って、結果は来た分から随時UPしていきます。
結果ページはこちら

多くのユーザーが楽しめるものになるようアップデートで大きく改善されるよう貢献できたらいいなあと思っています。
アンケはまだまだ募集中なので、よろしければ
PC用
スマホ用
携帯用
お待ちしております。

97回アンケ開催です

HP更新しました。アンケートです。
待望のゾイドFORが配信開始したという事で、ぜひ建設的な議論ができると良いなと思い募集いたします。
ゾイドFORについてご意見をお寄せくださいませ。

PC用
スマホ用
携帯用

現状では不満を感じているユーザーが多いと言わざるを得ない現状です。
私は二つ理由があるのかなと感じていて、
一つは単純にゲームとしての完成度がまだ成熟していない感じな事。不親切な事がちょっと多いですね、、。
もう一つはゲームのルールや特性を正しく把握したうえでプレイすれば楽しいのだけどなかなかそれが伝わっていない状況な事。
この二点かなあと思っています。

今回のアンケを通して、
1:今後のアップデートに向けて建設的な意見をまとめる事ができる
2:ルールを皆で正しく認知できる
事に貢献できれば良いなあと思っています。

建設的な内容にしたいと思いますので、どうか罵倒する内容は書かないでください。
どう感じてもそれは個人の感性ですが吐き捨てる場ではなく良くしてほしいという願いのアンケートになる事を願っています。

今回、募集期間が1週間としております(4/28まで)
結果は全て集まってから集計・UPではなく、できるだけ随時紹介していきたいと考えています。

・・・このようなアンケをすると稀に「製作者に提出するのか」と聞かれますがそれをするわけではありません。
Zoids Ignition内でUPするだけになります。その点は先にお断りしておきます。
ですが私は私にできる事を考えた結果アンケをするのが良いのかなと思って開催しています。
もしもその考えに賛同して頂け回答して頂ければ幸いです。

PC用
スマホ用
携帯用

ぜひぜひ、お待ちしております。

中央大陸

ゾイド星についての雑感
今日は気候について少しだけ考えてみたいと思います。

いろいろな描写をみていると、ゾイド星は地球と比べて寒い場所なんだろうかなあと思っていました。
北部のザブリスキーやクック湾は極寒地だし、中央山脈も冬季には厳しくなります。

中央山脈に関しては山だから寒くて当然ではあるんですが、「2000mを超える山々が連なる」と言われています。
これは地球のアンデス山脈(6000mを越える高峰が20座以上ある)と比べると低い。
それなのにあの極寒具合だから、これはもう地球より寒いのではないか。

中央山脈の北部でこれなので、暗黒大陸は一体どうなっているのだろう。



超絶、北にあるもんなぁ。
いやしかしこの地図を見ると、中央大陸は「中央」という割にはあんがい北寄りにあるのかなと思いました。
地球と比較してみよう。


※本来はゾイド星は小さいのだが本図は緯度経度上の座標位置を比べるべく同じ大きさにして重ねてある。

おおお中央大陸って案外すごく北にあります…。というか、この位置じゃそりゃあ寒いわと思いました。
北部はアラスカとかそれくらいの位置なのかぁ…。
というか、暗黒大陸よ…。そりゃあ環境の良い中央大陸に移住したくなるよなあ…。

ゾイド星は寒いんじゃなくて全体としては地球と同程度だが大陸の位置として北寄りなので寒いのか。

気候としては西方大陸や東方大陸が住みやすい感じなのかな?
旧大戦時代は戦乱にも遠く平和で過ごしやすい時代を過ごしていたのかもしれませんねぇ。

ゾイドには「南国」な描写は今まで少なかったと思います。
地球の戦いで言うとラバウルでの戦いのような雰囲気のものも似合うんじゃないかな。
今後、暑い地方で戦う描写にも期待したい所です。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント